赤ちゃんをお風呂に入れる時にはスイマーバがお勧め!お湯の中で楽しそうに泳ぐ姿が最高にかわいいですよ #育児

スポンサーリンク

子供の1ヶ月検診が終わってから大人と一緒に湯船に入ってます。お風呂担当は僕なわけですが、赤ちゃんを抱きながらお湯の中で温まるのは結構大変です。しかし、赤ちゃんの首につけるスイマーバを導入したことで、劇的にお風呂入れが楽になりましたのでレポートします。

スイマーバとは

スイマーバは赤ちゃんの首につける浮き輪です。

スイマーバ

顎に引っ掛けるイメージですね。うきわ型スポーツ知育用具だそうです。その目的は5つあります。

・全身運動
・水への抵抗感をなくす
・赤ちゃんの発達を促す
・親子の大切なコミュニケーションタイム
・規則正しい生活パターン

陸上では自由に動くことができない赤ちゃんでも水の中だと意外なほど動けます。しかも0歳から使用可能なのです。まずは動画を見てどんな感じなのか確認してみましょう。

個人差はあるものの、赤ちゃんが相当楽しそうだということがわかるかと思います。

注意事項は以下の点です。

・生後18ヶ月かつ体重11kgまでの赤ちゃんに使用可
・保護者は目を離してはいけない
・赤ちゃんが足を伸ばしてちょうど底につくぐらいの水深で使用する
・あごのせエリアにあごをしっかりのせる
・上下2つのベルトとめる
・救命用具として使用しない

Sponsored Link

実際にスイマーバを使ってみた

スイマーバは空気を入れて使用するわけですが、空気入れは付属しているのでご安心ください。上記にある注意事項を守った上で、実際にスイマーバを子供につけてみました。

スイマーバ

我が家では2ヶ月半くらいから使い始めました。初日から全く嫌がることなくスイマーバをつけてくれました。お風呂に入ってみると最初から手足をばたつかせていましたね。日にちが経つと湯船の底や壁面を蹴って自由にお風呂の中を動き回るようになりました。

スイマーバ

まだ寝返りもできないけれど、水中では自由を手に入れたようです。一緒に湯船に入っている僕は見ているだけなので、かなり楽になりました。今までは抱きながら入っていたわけですからね。子供も楽しそうだし僕の負担も減ったしでまさに一石二鳥です。

まとめ

スイマーバをつけて子供はお風呂をさらに楽しんでいる様子です。手足を動かして運動して満足そうです。元々お風呂が好きな感じではありましたが、さらに好きになってくれたと思います。子供と一緒にお風呂に入るのに最適なグッズですよ。動画を撮るとさらに面白いのでお勧めです。

112Swimavaスイマーバ【日本正規品】うきわ首リング&Bitattoビタット (スイマーバダックイエロービタットはらぺこあおむし)
by カエレバ

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事


この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録