現在の新宿に昭和の風景が残っていた! 西新宿4丁目路地裏散策 その1

スポンサーリンク

先日、新宿区西新宿4丁目付近を散策してきました。

そこは東京都庁のすぐ西側にある地域で、新宿駅から歩いて10数分という距離です。

新宿というと大都会の象徴的街であるので、きっとオフィスビルばっかりなのだろうと想像していたのですが、先日東京都庁の展望台から眺めてみると意外にも民家がたくさんあったので、どんな感じの町なのか実際に自分の目で見たくなったのです。

もちろん一番見たいのはいまだ残っているかもしれない昭和の風景です。

でもまあ新宿という開発が最も進んでいる地域なのでそんなに期待しないで向かうことにしました。

ところが!

西新宿4丁目に入ってみると低層の民家が立ち並び、路地が入り組んでおり、古い木造の建物もたくさんあったのです。

下町ではないけど、昔の下町的風景が新宿にあったのです!

例えばこのお店「西洋の田舎料理 愚羅奈陀」。

古い木造長屋をリノベーションして作ったちょっとおしゃれなレストランでした。

内装も気になるところですが、今回は残念ながら入りませんでした。

そしてこの路地。

植木がたくさんあり、木の桶もあり、そして木造住宅の並び。

いったい昭和何年なんだろうというこの光景を目の前にして思わず体が震えてきてしまいました。

しかし、この西新宿4丁目にも開発の波が押し寄せてきているようで、空き地や空き家が目立ったのも事実です。

おそらく数年後にはこのような昭和の風景も少なくなってしまうでしょうが、今はまだまだたくさん西新宿4丁目には魅力的な場所があるのです。

次回は、路地裏と言えば必ず登場してくる猫についてレポートします。

西新宿4丁目路地裏散策
現在の新宿に昭和の風景が残っていた! 西新宿4丁目路地裏散策 その1←今ここ
西新宿4丁目の路地裏は猫の楽園だった! 西新宿4丁目路地裏散策 その2
西新宿4丁目で井戸発見! 西新宿4丁目路地裏散策 その3

写真はNikon D40xで撮影したものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録