アプトの道を通って旧丸山変電所へ 群馬日帰り旅行 その4

スポンサーリンク

SL群馬県民の日号に乗って高崎から横川に来ました。

D51、DD51、12系客車をたっぷり堪能した後は信越本線の廃止された横川ー軽井沢間に作られた遊歩道、アプトの道を歩いてきました。

このアプトの道沿いには旧丸山変電所、碓氷湖、めがね橋、峠の湯といったポイントが目白押しなのですよ。

この日は天気もよくて、気温も高く、Tシャツで歩けるような気候だったのでかなり気分よく歩くことができました。

アプトの道はこのように線路跡を歩きやすいように整備したものです。

周囲は森と川に囲まれて、聞こえる音は鳥や虫の声、流れる川の音、風に揺らいで葉っぱがこすれる音くらいです。

遠くから車の走行音の人工音がかすかに聞こえますが、全く気にならないくらい自然の中を歩いているという感覚がしてくる場所でした。

トンボがたくさん飛んでいて、カマキリやバッタもあちこちで目にしましたよ。

偶然撮った1枚がやたらスピード感あふれるものになってしまいました(笑)

アプトの道入り口から約30分程で旧丸山変電所に到着です。

この丸山変電所は明治44年(1911年)に建てられ、昭和38年まで使用されていましたが、その後すっかり廃墟と化していたそうです。

それを平成14年に修復して現在のような観光施設となり、国の重要文化財にも指定されているという建築物です。

この変電所は2棟で構成されており、片方の中はもはや何もありません。

もう片方にアプト式のラックレールやかつて建物の一部だったものが公開されています。

公開されているといっても、ただ地面にそのまま置いてあるだけですけどもね。

内部にはあまり見るべきものはありませんが、やはりレンガ造りの美しい外観は一見の価値があると思いますよ。

この丸山変電所からさらに20分程歩くと、峠の湯という温泉場があり、帰り道でゆっくりと温泉につかって1日の疲れを癒す予定になっています。

ここでトイレ休憩をとったのですが、トイレから出てくると、なんとサル発見!

シャッター音に気がついたのか一目散に走って逃げられてしまいました。

この峠の湯を越えると本格的な勾配のある坂道に入っていきます。

この続きはまた次回。

横川日帰り旅行まとめ
SL群馬県民の日号からの車窓風景 群馬日帰り旅行 その1
12系客車についての詳細 群馬日帰り旅行 その2
D51とDD51 群馬日帰り旅行 その3
アプトの道を通って旧丸山変電所へ 群馬日帰り旅行 その4←今ここ
紅葉が始まりつつある碓氷湖へ 群馬日帰り旅行 その5
圧倒的存在感の廃墟、碓氷第3橋梁(めがね橋) 群馬日帰り旅行 その6
アプトの道散策の最後は「峠の湯」で温泉につかるのがベストだよね! 群馬日帰り旅行 その7

写真はNikon D40xで撮影したものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録