松本市内井戸巡りで源智の井戸を発見 冬の長野旅行2008-2009 その1

スポンサーリンク

年末に長野県の松本に行ってきました。

松本は古い町並みが残り、さらに井戸があちこちにあるということなので、散策中心の観光をすることにしました。

松本駅で特急スーパーあずさから降りると、ホームからも頂上に雪が積もった山々を見ることができます。

さすが上高地への入り口となる場所です。

駅を出て街をぷらぷらしてみると、このような時代を感じさせる素敵な建物がたくさんありました。

また、蔵を改装したようなお店もたくさんありましたよ。

そしていよいよ最初の井戸発見。

こちらは源智の井戸という場所で、瑞松寺のすぐ目の前にあります。

井戸の周りはお正月の飾りつけがされており、年末年始の香りがしてきます。

肝心の井戸はというと、

あれ?想像していたのとは違うかも?

井戸ポンプまたはつるべがあるようなものを想像していたけど、実際にはこのように水が出ていました。

井戸と言うよりも湧き水と考えたほうがよさそうです。

この源智の井戸の水は飲料用にもなるので、近所の人らしき人が車でここに来て大きなポリタンクにたくさん汲んでいくのを見ました。

ひっきりなしに人がやってきていたので、地元の貴重な水資源となっているのでしょうね。

長野旅行2008-2009まとめ
松本市内井戸巡りで源智の井戸を発見 冬の長野旅行2008-2009 その1←今ここ
松本市内井戸巡り、中町蔵の井戸と草庵座間の井戸 冬の長野旅行2008-2009 その2
松本市内の中町通りある素敵な建物、カフラスなど 冬の長野旅行2008-2009 その3
松本市内の中町通りある名も無き井戸たち 冬の長野旅行2008-2009 その4
松本市内の路地裏にある鯛萬の井戸 冬の長野旅行2008-2009 その5
松本電気鉄道大庭駅 冬の長野旅行2008-2009 その6
長野の善光寺でお戒壇巡りなど 冬の長野旅行2008-2009 その7
篠ノ井線姨捨駅前後の車窓動画と駅からの絶景 冬の長野旅行2008-2009 その8
冬の姨捨の棚田散策 冬の長野旅行2008-2009 その9
諏訪湖での初日の出と牛伏寺での初詣で 冬の長野旅行2008-2009 その10

写真はNikon D40xで撮影したものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で

似たテーマの記事はこちら

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録