松本電気鉄道大庭駅 冬の長野旅行2008-2009 その6

スポンサーリンク

せっかく松本まで来たので松本から上高地への入り口となる新島々まで走る松本電鉄上高地線にも乗ってきました。

と言っても時間の関係上、松本から5つ目の駅の大庭までです。

年末も押し迫った12月30日ということもあってか、2両編成の電車には乗客はまばらでした。

そしてたどり着いた大庭駅。

線路はまっすぐ山へと向かい、右側の派手な塗装がされた小屋が駅舎です。

駅舎の中は、

窓口は板打ちされてしまっている無人駅で、長いベンチがあります。

窓口をよく見てみると「出札口」が右側から書かれているのがわかります。

大正10年(1921年)開業ということで、その頃からのものかもしれません。

サッシや外壁は補修されていますが、きっと相当の歴史がある建物に違いありません。

ホーム側から見てみると

明かりに照らされてかなりいい雰囲気になってきました。

こういうローカル駅でふらっと降りてみると意外な発見があって楽しいものです。

次回は、大晦日について、松本から長野の善光寺へと向かいます。

長野旅行2008-2009まとめ
松本市内井戸巡りで源智の井戸を発見 冬の長野旅行2008-2009 その1
松本市内井戸巡り、中町蔵の井戸と草庵座間の井戸 冬の長野旅行2008-2009 その2
松本市内の中町通りある素敵な建物、カフラスなど 冬の長野旅行2008-2009 その3
松本市内の中町通りある名も無き井戸たち 冬の長野旅行2008-2009 その4
松本市内の路地裏にある鯛萬の井戸 冬の長野旅行2008-2009 その5
松本電気鉄道大庭駅 冬の長野旅行2008-2009 その6←今ここ
長野の善光寺でお戒壇巡りなど 冬の長野旅行2008-2009 その7
篠ノ井線姨捨駅前後の車窓動画と駅からの絶景 冬の長野旅行2008-2009 その8
冬の姨捨の棚田散策 冬の長野旅行2008-2009 その9
諏訪湖での初日の出と牛伏寺での初詣で 冬の長野旅行2008-2009 その10

写真はNikon D40xで撮影したものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録