磐越西線磐梯熱海駅前にある足湯でのんびりする 夏の青春18きっぷの旅第4弾 その8(シリーズファイナル)

スポンサーリンク

磐越西線の磐梯熱海駅へとやってきました。

駅舎内にある観光案内所にレンタサイクルもあるけど、ここではそれは使いません。
ここにやってきた目的はサイクリングではなく駅前にある足湯でのんびりすることです。

駅名に「熱海」と入っている通り、ここは温泉の町なのです。
磐越西線に乗っている時からも左右に温泉旅館がたくさん見えたし、こうして駅前には無料で入ることができる足湯もあるのです。
というわけで、さっそく入ってみると、

熱い!
かなりの熱さです。
上の写真を見てみると、真ん中やや上あたりから温泉が出ているのがわかると思います。
それが円形の受け皿のようなところに入り、3方向に湯が流れていくようになっています。
流れるところには溝があって下に湯が落ちていくのですが、そこに小石があって湯量が調節できるようになっています。
右上には小石がたくさん積まれていてあまりお湯が流れていかないようになっているので、右上のコーナーはかなりぬるいお湯になっていました。
右下および左側には湯がそんまま流れていくのでかなり熱くなっています。
こうして同じ足湯なのに温度が簡単に調整できるようになっている工夫はとてもユニークでした。
これなら熱いのが苦手な人や子供でも足湯を楽しむことができそうです。

足湯を堪能した後に周囲の散策をしてきました。
すると踏切の近くにこんな標識が。

さすが磐越西線です。
SLばんえつ物語号が走る路線の踏切にはちゃんとSLの絵が描かれた標識がありました。

14:02磐梯熱海発。

後は東京に帰るのみです。
14:18郡山着。
14:24郡山発、15:27黒磯着。
15:35黒磯発、16:25宇都宮着。

ちょっと早い時間だけど、宇都宮に来たら餃子を食べるというイベントは欠かせません。
餃子を食べてから18:04宇都宮発の湘南新宿ラインに乗車。
19:39赤羽着。

これにて前日の夜にムーンライトえちごから始まった夏の青春18きっぷの旅第4弾は終了です。
廃線跡巡りという今までは違うイベントを入れてみましたが、ちょっとはまってしまいそうです。

この旅は平成21年(2009年)8月26日(水)~27日(木)に実施しました。

磐越西線と日中線廃線跡巡りまとめ
ムーンライトえちごから磐越西線へ 夏の青春18きっぷの旅第4弾 その1
「森と水とロマンの鉄道」磐越西線の車窓を満喫する 夏の青春18きっぷの旅第4弾 その2
日中線廃線跡のサイクリングロードでSLのC11と出会う 夏の青春18きっぷの旅第4弾 その3
青い空と緑に包まれ爽やかな日中線廃線跡サイクリング 夏の青春18きっぷの旅第4弾 その4
日中線記念館として保存されている日中線の終着駅、熱塩駅 夏の青春18きっぷの旅第4弾 その5
日中線熱塩駅のキ100とオハフ61 夏の青春18きっぷの旅第4弾 その6
再び磐越西線に乗車して喜多方駅から磐梯熱海駅へ 夏の青春18きっぷの旅第4弾 その7
磐越西線磐梯熱海駅前にある足湯でのんびりする 夏の青春18きっぷの旅第4弾 その8(シリーズファイナル)←今ここ

写真はNikon D40xで撮影したものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録