大金温泉での塩っけたっぷりのお湯につかる 冬の青春18きっぷの旅ー烏山線完乗編 その5

スポンサーリンク

冬の青春18きっぷで烏山線の旅に行ってきました。
今回は大金温泉のレポートをしたいと思います。
10:45、仁井田発烏山行き列車に乗車。
10:55、大金着。
大金駅では扉が開く前にタブレットの受け渡しが行われていました。
やはり下り列車ではタブレット受け渡しは見れませんでした。
まずは大金駅の駅舎を見てみましょう。

瓦葺の木造駅舎なんだけど車寄せ部分の屋根が特徴的な形をしていました。
始めて見た形でした。
駅名の下に小判があるのがかわいらしいです。
大金駅舎はホーム側の方のデザインが僕は好きです。

駅を出て左側には大金神社があります。

小学生の頃にこの大金駅を訪れて、駅近くにある神社に行ったという記憶はあるんですが、これだったかなあ?
もっと大きい神社だったような気もするのですが、今回訪れてみて駅周辺にはなかったし、僕の記憶力はかなり曖昧なようです。

駅の話はこの辺にしまして、目的の大金温泉に行くことにしましょう。


大きな地図で見る

大金温泉グランドホテルというところに行こうと思います。
駅から徒歩15分くらいの距離です。

「グランドホテル」と名乗るだけあって建物はかなり立派でした。
中に入ってみると、

中央が吹き抜けになっていて、葉っぱのような形になっているのがわかりました。
僕が訪れたのはお昼前だったので、ほとんど人がいなくてゴーストタウンのようでしたが、夜になったら宿泊客でいっぱいになるのかな?
さっそく温泉に入ってみることにしましょう。

入湯料は500円。
大浴場に内湯が2つ、サウナと水風呂がありました。
この大金温泉の泉質はナトリウム、カルシウムが含まれていて塩化物泉では全国屈指の高濃度だそうで、実際にお湯はかなりしょっぱかったです。
誰もいない湯船でのんびりできたのはいいけど、脱衣所がちょっと汚かったような・・・

温泉の後は駅近くにある食堂でお昼ごはんです。

唐揚げあんかけ定食で700円でした。
お腹いっぱいになったところで大金駅に戻り、12:59、大金発宝積寺行きの列車に乗車。

別れを惜しむようなタブレットの受け渡しでした。

13:20、宝積寺着。
これで烏山線の旅は終了ですが、まだまだ時間があるので、次はおまけの旅に出ることにします。
13:34、宝積寺発宇都宮行き東北本線普通列車に乗車。
13:46、宇都宮着。
ここから久々に日光線に乗ることにしました。
その話はまた次回。

冬の青春18きっぷの旅ー烏山線完乗編まとめ
宝積寺と烏山を結ぶ烏山線に乗車 冬の青春18きっぷの旅ー烏山線完乗編 その1
歴史と風格を感じる烏山駅とその周辺 冬の青春18きっぷの旅ー烏山線完乗編 その2
烏山線大金駅でのタブレット交換 冬の青春18きっぷの旅ー烏山線完乗編 その3
小さな木造駅舎の烏山線仁井田駅 冬の青春18きっぷの旅ー烏山線完乗編 その4
大金温泉での塩っけたっぷりのお湯につかる 冬の青春18きっぷの旅ー烏山線完乗編 その5←今ここ
日光線に24年ぶりに乗車する 冬の青春18きっぷの旅ー烏山線完乗編 その6
JR日光駅と日光町中散策 冬の青春18きっぷの旅ー烏山線完乗編 その7

写真はNikon D40x+Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影したものです。

その他の旅の記事はこちらからどうぞ!
旅の全記録

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録