東海道本線と身延線を乗り継いで富士宮駅へ 身延線の旅 その1

スポンサーリンク

7月2日。
こっそりとJR全線の完乗を目指している僕ですが、東京から近い路線でも乗り残しているところがたくさんあります。
そのひとつが静岡県の富士と山梨県の甲府を結ぶ身延線です。
今回富士宮に行く用事ができたので、東京→富士→甲府→東京という富士山の周りを1周するような乗車券を購入して身延線に乗りに行くことにしました。

5:20、東京発静岡行き普通列車に乗車。
7月2日だとまだ夏の青春18きっぷの利用期間には入っていませんが、あえて普通列車に乗ることに。
この5:20発の普通列車は特急型の車両なのでリクライニングシートで快適に乗車できるのですよ。
そんな車両で発車直後から睡眠に入りました(笑)
東京都、神奈川県と曇り空でしたが、静岡県に入ると快晴!
爽やかに気分で身延線に乗車できそうです。
7:59、富士着。
ここで東海道本線から身延線に乗り換え。

このおでこがつるんとした車両に乗り込みます。
8:05、富士発西富士宮行き身延線普通列車に乗車。
先頭車両の前面展望できる場所を確保します。
座席は空きがたくさんあったけど、20分弱の乗車時間なので座らなくてもいいでしょう。

時間が来たので、出発進行。

富士駅を出てしばらくは高架を走ります。
周囲にはそんなに高いビルはないので遠くまで見渡すことができてなかなかの景色です。
お、向こうから来た特急ワイドビューふじかわとすれちがいますよ。

ぐーんと真っ直ぐな線路を列車は突き進みます。

市街地を走り続けていたものの、気がついたら周囲に緑が多くなってきます。

富士根駅のホームからは富士山が頭だけほんのちょこっと見えました。

8:23、富士宮着。

東京駅を出てから約3時間。
本日の目的地に到着です。
この富士宮での用事は10時くらいなので、約1時間半お散歩する時間を取ってみました。
次回からは富士宮の町を紹介いたします。

身延線の旅まとめ
東海道本線と身延線を乗り継いで富士宮駅へ 身延線の旅 その1←今ここ
水路の町、富士宮を散策する 身延線の旅 その2
富士宮の大頂寺で井戸ポンプを発見する 身延線の旅 その3
B級グルメの絶対王者、富士宮焼きそばを堪能する 身延線の旅 その4
特急ワイドビューふじかわに乗って身延線を完乗する 身延線の旅 その5
甲府城址からの絶景を眺める 身延線の旅 その6
甲府散策の途中に喫茶店でひと休み 身延線の旅 その7

写真はNikon D90Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影しました。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で

似たテーマの記事はこちら

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録