八戸線のキハ40に乗車する JR東日本パスで東北弾丸ツアー その3

スポンサーリンク

7月15日。
JR東日本パスで新青森まで東北新幹線にやってきました。
駅構内で黒石つゆやきそばを食べてお腹いっぱいになったところで移動を開始します。
この日は小雨がぱらぱらと降っていて、天気予報では東北北部はさらに雨が強くなるらしかったので、天気を見ながら少しずつ南下しようと思います。
11:42、新青森発東京行きはやて164号に乗車。
たまたま座った座席からは奥羽本線の線路を見下ろすことができ、しばらくぼーと眺めていると青森方より特急つがるがやってきました。

今回のJR東日本パスではこのつがるの自由席にも乗ることができるのですが、新幹線での途中下車の旅を選択しました。
さて、乗車したはやては12:06に八戸着。
ここで下車して八戸線に乗り換えます。
新幹線から在来線への乗り換えコンコースには七夕の飾り付けがされていました。

僕が訪れた7月15日はちょうど八戸七夕まつりの初日だったようで、盛大に飾り付けがされていました。
そんな飾り付けを眺めてから八戸線のホームに向かいます。

八戸線は八戸と久慈を結ぶ路線ですが、僕が訪れた日はまだ全線復旧されてはおらず、階上までの運転となっていました。
八戸線も太平洋沿岸を走る路線なので津波の被害は甚大だったのでしょう。
一日も早い復旧を期待しております。

12:19、八戸発階上行き八戸線普通列車に乗車。

非冷房のキハ40です。
東北地方のローカル線を走る気動車も新しい物に置き換えられてきてはいますが、まだ八戸線ではキハ40が主力です。
ボックスシートで窓が開くこの車両に乗ると、ローカル線に乗っているんだという感慨が強くなります。

12:40、鮫着。

鮫駅前にはちゃんと鮫がいますよ(笑)

この鮫駅で下車したのには目的があります。
以前テレビの旅番組で鮫駅の近くにある蕪島という島が紹介されたことがあったのです。
その島はウミネコの繁殖地となっており、国の天然記念物にも指定されているということで、映像を見る限りものすごい数のウミネコがいたことから、一度自分の目で直接見てみたくなったのです。
というわけで、次回は蕪島のウミネコ特集です。

JR東日本パスで東北弾丸ツアーまとめ
東京から新青森まで東北新幹線を乗り通す JR東日本パスで東北弾丸ツアー その1
新青森駅構内の黒石やで黒石つゆやきそばを食す JR東日本パスで東北弾丸ツアー その2
八戸線のキハ40に乗車する JR東日本パスで東北弾丸ツアー その3←今ここ
ウミネコだらけの蕪島を訪問する JR東日本パスで東北弾丸ツアー その4
ウミネコに気を使いながら蕪島の蕪嶋神社を参拝する JR東日本パスで東北弾丸ツアー その5
八戸線、東北新幹線、仙石線と乗り継いで松島海岸へ JR東日本パスで東北弾丸ツアー その6
日本三景のひとつ、松島を眺めに行く JR東日本パスで東北弾丸ツアー その7
松島の絶景を眺めた後、東北新幹線で帰京する JR東日本パスで東北弾丸ツアー その8

写真はNikon D90Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影しました。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録