ウミネコに気を使いながら蕪島の蕪嶋神社を参拝する JR東日本パスで東北弾丸ツアー その5

スポンサーリンク

7月15日。
JR東日本パスで八戸線の鮫駅にやって来て、徒歩で蕪島を訪れました。
蕪島はウミネコの繁殖地となっている島で、国の天然記念物にもなっています。
当然ながら人よりも圧倒的に多いウミネコの数に驚かされますよ。
蕪島には蕪嶋神社があります。
その入口にはこんな傘が数本ありました。

この日はどんよりした曇り空で今にも雨が振りそうだったので、雨が降ってきた時に参拝者に貸し出す傘というわけではないのです。
これはウミネコの糞避け。
油断していると空から糞が降ってくるのです。

地面にいるウミネコは人がいてもまったく逃げる素振りを見せないし、上空にもウミネコが飛び回っていて、ひっきりなしに糞が落ちてくる。
こんな状況ではせめて傘で上空からの攻撃を防御して、足下だけに注意するべきでしょう。
迷うことなく傘を借りて参拝することにしました。
階段を一歩一歩上がっていくと、その横にある石灯籠の上にもウミネコたちが。

ふと足下の草むらを見てみると、小さくて丸くて茶色いのがいました。

これはウミネコの雛です。
大人のウミネコはふてぶてしい姿をしていますが、雛はかわいいですねえ。
もっとじっくり見たかったのですが、この雛は歩いて僕からどんどん離れていってしまったので、これ以上の接近撮影はできませんでした。
残念。

階段を上りきり、境内に入ります。

もちろんウミネコの姿が途切れることはありません。
この隙間を縫うように歩かなければいけないのですよ。

この中から1羽を選んでアップで撮影。

赤いアイラインが入っていますね。
こちらはイルカの上に乗っています。

お参りはこんなウミネコたちに気を使いながら済ませてきました。

よく海辺で見かけるウミネコはかわいらしく見えますが、これだけたくさんが一同に会するかなり恐怖です。

目の前で口を大きく開けて鳴かれたりすると襲われるのではないかと思ってしまったくらいです。
この蕪島はある種の勇気がいる特殊な島で、色々と楽しめる場所でもあると思いました。
八戸に訪れたときはぜひ。
蕪島(八戸市観光情報)

次回は八戸線の復路、そして東北新幹線でさらに南下します。

JR東日本パスで東北弾丸ツアーまとめ
東京から新青森まで東北新幹線を乗り通す JR東日本パスで東北弾丸ツアー その1
新青森駅構内の黒石やで黒石つゆやきそばを食す JR東日本パスで東北弾丸ツアー その2
八戸線のキハ40に乗車する JR東日本パスで東北弾丸ツアー その3
ウミネコだらけの蕪島を訪問する JR東日本パスで東北弾丸ツアー その4
ウミネコに気を使いながら蕪島の蕪嶋神社を参拝する JR東日本パスで東北弾丸ツアー その5←今ここ
八戸線、東北新幹線、仙石線と乗り継いで松島海岸へ JR東日本パスで東北弾丸ツアー その6
日本三景のひとつ、松島を眺めに行く JR東日本パスで東北弾丸ツアー その7
松島の絶景を眺めた後、東北新幹線で帰京する JR東日本パスで東北弾丸ツアー その8

写真はNikon D90Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影しました。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録