八戸線、東北新幹線、仙石線と乗り継いで松島海岸へ JR東日本パスで東北弾丸ツアー その6

スポンサーリンク

7月15日。
八戸線鮫駅から徒歩約10分の蕪島でウミネコたちを眺めてから鮫駅に戻ります。
途中にスナック街があって、町の大きさに比べてたくさんのお店があるような気がしました。

この鮫は港町なので仕事後の娯楽としてこのような飲み屋さんがたくさんあるのかもしれません。

この踏み切りがいい雰囲気でしたよ。

13:34、鮫発八戸行き八戸線普通列車に乗車。
窓を大きく開けて外の空気を感じながら列車に乗れるのはうれしい限りです。

13:56、八戸着。
八戸駅で東北新幹線に乗り換えます。
14:06、八戸発東京行きはやて168号に乗車。
14:35、盛岡着。

予定では盛岡駅で降りて町の散策をしようと思っていたのですが、外は大雨。
これでは散歩を満足にできそうもないのでどうしようか迷いました。
とりあえずはやて168に連結するこまち号を撮影。

東北新幹線の盛岡-新青森間は全席指定のためJR東日本パスでは空いている座席に座ることができますが、盛岡以南では全席指定の新幹線に自由に乗車することはできません(2回まで指定席を確保することができるので、その範囲内であれば指定席に座ることはできます)。
大雨のために盛岡散策を諦めて、このままはやてに乗って仙台まで行けちゃえばいいかなと思って、駅員さんに聞いてみると、車内で車掌さんに申告して510円の指定券を購入すればそのまま乗車できると言われたので、仙台まで乗車することにしました。
というわけで、はやて168号に継続乗車。
岩手県を抜けて宮城県に入るとすっかり晴れ間が見えてきました。
県がひとつ違うだけで天気が劇的に変化する様子が面白いです。
15:46、仙台着。

ここで仙石線に乗り換えることにします。
目的地は松島海岸にしました。
15:58、仙台発高城町行き仙石線快速鉄車に乗車。
車両は石ノ森章太郎の漫画に登場するキャラクターがラッピングされたマンガッタンライナーでした。

僕の年齢(37歳)だと石ノ森章太郎の漫画とはちょっと違う世代になるので、そんなに親しみがあるというわけではないのですが、見ているだけで楽しくなる列車ではあります。

16:33、松島海岸着。
辛うじてわかる仮面ライダーの姿を見送りました。

この列車には他に乗客がたくさんいたのですが、ほぼ全員が駅前から出ている高城町から先へと行く列車代行バスに乗りました。

観光客は僕だけのようでした。
松島海岸と言えば日本三景のひとつです。
いつも列車に乗って通り過ぎていただけですが、今日はたっぷりと観光したいと思います。
その話はまた次回。

JR東日本パスで東北弾丸ツアーまとめ
東京から新青森まで東北新幹線を乗り通す JR東日本パスで東北弾丸ツアー その1
新青森駅構内の黒石やで黒石つゆやきそばを食す JR東日本パスで東北弾丸ツアー その2
八戸線のキハ40に乗車する JR東日本パスで東北弾丸ツアー その3
ウミネコだらけの蕪島を訪問する JR東日本パスで東北弾丸ツアー その4
ウミネコに気を使いながら蕪島の蕪嶋神社を参拝する JR東日本パスで東北弾丸ツアー その5
八戸線、東北新幹線、仙石線と乗り継いで松島海岸へ JR東日本パスで東北弾丸ツアー その6←今ここ
日本三景のひとつ、松島を眺めに行く JR東日本パスで東北弾丸ツアー その7
松島の絶景を眺めた後、東北新幹線で帰京する JR東日本パスで東北弾丸ツアー その8

写真はNikon D90Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影しました。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録