あまぎ色の特急草津から草津温泉の旅が始まる 春の草津温泉旅行 その1

スポンサーリンク

3月10日。
早朝の上野駅地平ホームに行ってみるとクリーム色と赤のツートンカラーの車両がいました。

かつて東京から伊豆へと向かった「あまぎ」という列車に使われていた塗色が上野駅から出る185系という車両に使われるようになったそうです。
「あまぎ色」なんて言われているのがこの色です。
この列車の上野駅寄りはあまぎ色で、反対側はオレンジと緑の湘南色でした。

最近ではこんな色の列車はあまり見かけなくなってきたのでなかなか派手派手しい組み合わせですね。

さて、この列車は特急草津。
上野から群馬県の万座・鹿沢口駅を目指す特急列車です。
今回の旅はこれに乗って長野原草津口駅へと行くことになります。
上野駅を出発するとすぐに眠りについてしまし、気がついたら目的の駅の一つ手前の川原湯温泉駅でした。
八ッ場ダムが完成したらダムの底に沈む運命にある駅です。
いそいそと下車支度をして、長野原草津口駅に到着。
ここからバスに乗換えです。
目的地は駅名の一部にもなっている通り、草津温泉です。
長野原草津口駅から20分程でバスターミナルに到着し、外に出てみるとそこは一面の雪!
もう3月だというのに草津温泉は銀世界なのです。
バスターミナルの目の前には白樺の木があり、その向こうには足湯もあります。

屋根があるにもかかわらず、横から雪が吹き込んでくるので落ち着いて足湯に入ることができなさそうなのでここはパス。
まあここは温泉街なのでこれからたっぷりと温泉に入ることもできますからね。
それにしても、バスターミナルの目の前だけどこんなに美しい雪景色が見られるのですよ。

実はこの日の朝は東京でも雪が降っていたのですが、もちろんこんな雪景色になることはありません。
同じ関東地方でもここまで雪の質が違うのですね。

バスターミナルからは草津温泉の中心街である湯畑を最初に見に行くことにします。
このように道に案内が出ているので間違うことなくたどり着くことができるでしょう。

この道の途中で木に積もった雪を落としている風景に出くわしました。

2階の窓から枝を棒のようなもので突っつて雪を落とすのですよ。
こうしないと重みで雪が落下して下を歩いている人に被害が出てしまうのでしょう。
かなり迫力がありましたよ。

この赤い丸ポストが見えたらもうそこは湯畑です。

と、その前に。
荷物もあることですし、ホテルに預けてからゆっくり湯畑を見物することにしましょう。
次回に続く。

春の草津温泉旅行まとめ
あまぎ色の特急草津から草津温泉の旅が始まる 春の草津温泉旅行 その1←今ここ
雪が降る中湯畑を見学する 春の草津温泉旅行 その2
雪に覆われた白根神社を参拝する 春の草津温泉旅行 その3
地獄の風景の向こうにあるのは西の河原大露天風呂 春の草津温泉旅行 その4
草津ガラス館の温泉卵とホテル一井の部屋 春の草津温泉旅行 その5
湯畑を俯瞰できる長泉寺からの眺め 春の草津温泉旅行 その6
湯畑のすぐ横にあるホテル一井での夕食 春の草津温泉旅行 その7
特別ライトアップが施された湯畑の幻想的な風景 春の草津温泉旅行 その8
草津旅行の2日目は青空から始まる 春の草津温泉旅行 その9
2日目の宿泊地であるホテルヴィレッジへ 春の草津温泉旅行 その10
極楽館レストランでの昼食はカレーライス 春の草津温泉旅行 その11
草津熱帯圏のカピバラ、まりもともも 春の草津温泉旅行 その12
草津熱帯圏の元気なメスカピバラのまりも 春の草津温泉旅行 その13
草津熱帯圏でミナミコアリクイにも出会う 春の草津温泉旅行 その14
ホテルヴィレッジの洋室と夕食バイキング 春の草津温泉旅行 その15
震災復興を祈念する湯畑のキャンドルライトアップ 春の草津温泉旅行 その16
雪が降る中、早朝の森林浴散歩に出かける 春の草津温泉旅行 その17
雪のシャワーも体験できる早朝の森林浴散歩 春の草津温泉旅行 その18
湯畑横の茶房ぐーてらいぜでエビピラフを食す 春の草津温泉旅行 その19
吹雪の長野原草津口駅で115系と185系電車を撮影する 春の草津温泉旅行 その20

写真はNikon D90Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影しました。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録