湯畑横の茶房ぐーてらいぜでエビピラフを食す 春の草津温泉旅行 その19

スポンサーリンク

3月12日。
ホテルヴィレッジでの朝食もバイキングです。

バイキングだとついついたくさん取り過ぎてしまうので控えめにね。
朝食の後は午前中から温泉に入ることにします。
前の晩にホテル内の大浴場と露天風呂には入ったので、こんどは併設されたテルメテルメというプールと温泉の複合施設に行くことにします。
ホテルヴィレッジからは渡り廊下を通って行くことができました。
ここでは時間湯という草津独特の入浴法を体験することできます。
よくテレビなどで湯もみのシーンを見ると思いますが、あのような細長い湯船に短時間だけ入る入浴方法です。
この時間湯の源泉は他のお風呂の温泉とは異なり、部屋に入っただけでその違いがすぐにわかるくらいです。
草津の他の場所でも時間湯を体験できるところはありますので、草津に行ったならばせひ経験しておきたいところだと思いますよ。

テルメテルメのあとにチェックアウト。
ホテルから草津バスターミナルまでは無料送迎をしてくれるので、バスに乗せてもらいました。

しかしまだ帰りのバスと電車までは時間があったので、お昼ごはんを食べることにします。
湯畑のすぐ近くにある茶房ぐーてらいぜです。

かつて日新館の風呂場だったという建物をリノベーションしたというカフェで、中に入るとその当時の香りが何となく残っています。

しかし、そんな雰囲気も残しつつもカウンターに置いてあるものなどを見るとこだわりのカフェ心を感じさせてくれもするのです。

注文したのはエビピラフです。

ワンプレートにピラフとサラダが盛られるというカフェスタイルで、少食の僕にはちょうどいい量です。
ピラフ以外にもパスタなどの食事もできますが、コーヒーやケーキも充実しているのでちょっとした休憩にも利用できるカフェでした。
今度草津を訪れた時にはケーキセットでまったりとした時間を過ごしてみたいと思いました。

さてさて、そろそろ草津から離れる時間となりました。
草津バスターミナルからバスでJR吾妻線の長野原草津口駅へ。
最後にそこでたっぷり鉄道撮影をしますよ。
その話はまた次回。

春の草津温泉旅行まとめ
あまぎ色の特急草津から草津温泉の旅が始まる 春の草津温泉旅行 その1
雪が降る中湯畑を見学する 春の草津温泉旅行 その2
雪に覆われた白根神社を参拝する 春の草津温泉旅行 その3
地獄の風景の向こうにあるのは西の河原大露天風呂 春の草津温泉旅行 その4
草津ガラス館の温泉卵とホテル一井の部屋 春の草津温泉旅行 その5
湯畑を俯瞰できる長泉寺からの眺め 春の草津温泉旅行 その6
湯畑のすぐ横にあるホテル一井での夕食 春の草津温泉旅行 その7
特別ライトアップが施された湯畑の幻想的な風景 春の草津温泉旅行 その8
草津旅行の2日目は青空から始まる 春の草津温泉旅行 その9
2日目の宿泊地であるホテルヴィレッジへ 春の草津温泉旅行 その10
極楽館レストランでの昼食はカレーライス 春の草津温泉旅行 その11
草津熱帯圏のカピバラ、まりもともも 春の草津温泉旅行 その12
草津熱帯圏の元気なメスカピバラのまりも 春の草津温泉旅行 その13
草津熱帯圏でミナミコアリクイにも出会う 春の草津温泉旅行 その14
ホテルヴィレッジの洋室と夕食バイキング 春の草津温泉旅行 その15
震災復興を祈念する湯畑のキャンドルライトアップ 春の草津温泉旅行 その16
雪が降る中、早朝の森林浴散歩に出かける 春の草津温泉旅行 その17
雪のシャワーも体験できる早朝の森林浴散歩 春の草津温泉旅行 その18
湯畑横の茶房ぐーてらいぜでエビピラフを食す 春の草津温泉旅行 その19←今ここ
吹雪の長野原草津口駅で115系と185系電車を撮影する 春の草津温泉旅行 その20

写真はNikon D90Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影しました。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録