草津熱帯圏のカピバラ、まりもともも 春の草津温泉旅行 その12

スポンサーリンク

3月11日。
草津旅行2日目のメインイベントは草津熱帯圏に訪問することでした。

草津熱帯圏

湯畑からも徒歩10~15分程でたどり着けます。
草津熱帯圏は熱帯の植物園の中で様々な動物が飼育されている場所で、ここにはあのカピバラもいるのですよ。
そう、最大の目的は草津のカピバラに会うことだったのです。

さっそく熱帯ドームの中に足を踏み入れてみると、むあっとした熱気に外が雪に囲まれた世界であるということを忘れさせられます。
入口からメガネカイマンなどがいるのですが、そこはほとんどスルーして急いでカピバラの下へ。

いた。
しかし、ドーム内の熱気でレンズが曇る曇る。
拭いてもすぐにこんな状態になってしまうので、離れた位置からの撮影は断念。
近くに行ってみることにしました。
こちらはメスのまりも。

この柵の隙間から手を入れてカピバラを撫でることができるのですよ。
というわけで、さっそくなでなで。

まりもは人に触られるのが嫌ではないようで、ほとんどの時間この柵の近くにいました。
カピバラはこの見た目通りの毛質で、とてもごわごわしています。
かなり固めの毛なのですよ。
触られていて気持ち良くなるとこんな風にゴロンと寝転んでしまいます。

これができる人はカピバラ使いの称号を与えてもいいでしょうね。

こちらはオスのもも。

まりもとは壁で仕切られた隣の部屋にいました。
一緒にいるのはワラビーかな。
この日のももは足を引きずって歩いていたのですが、後日熱帯圏のブログでその原因について語られていました。
もも診断結果!
何と、上腕骨の骨折だったそうです。
その後手術を受けたそうですが、3月16日に亡くなってしまったとのこと。
悲しいお知らせです。
元気になってくれればよかったのですが、とても残念な結果になってしまいました。
もも、安らかにお眠りください。

次回は、メスのまりもについてもう少しレポートします。

春の草津温泉旅行まとめ
あまぎ色の特急草津から草津温泉の旅が始まる 春の草津温泉旅行 その1
雪が降る中湯畑を見学する 春の草津温泉旅行 その2
雪に覆われた白根神社を参拝する 春の草津温泉旅行 その3
地獄の風景の向こうにあるのは西の河原大露天風呂 春の草津温泉旅行 その4
草津ガラス館の温泉卵とホテル一井の部屋 春の草津温泉旅行 その5
湯畑を俯瞰できる長泉寺からの眺め 春の草津温泉旅行 その6
湯畑のすぐ横にあるホテル一井での夕食 春の草津温泉旅行 その7
特別ライトアップが施された湯畑の幻想的な風景 春の草津温泉旅行 その8
草津旅行の2日目は青空から始まる 春の草津温泉旅行 その9
2日目の宿泊地であるホテルヴィレッジへ 春の草津温泉旅行 その10
極楽館レストランでの昼食はカレーライス 春の草津温泉旅行 その11
草津熱帯圏のカピバラ、まりもともも 春の草津温泉旅行 その12←今ここ
草津熱帯圏の元気なメスカピバラのまりも 春の草津温泉旅行 その13
草津熱帯圏でミナミコアリクイにも出会う 春の草津温泉旅行 その14
ホテルヴィレッジの洋室と夕食バイキング 春の草津温泉旅行 その15
震災復興を祈念する湯畑のキャンドルライトアップ 春の草津温泉旅行 その16
雪が降る中、早朝の森林浴散歩に出かける 春の草津温泉旅行 その17
雪のシャワーも体験できる早朝の森林浴散歩 春の草津温泉旅行 その18
湯畑横の茶房ぐーてらいぜでエビピラフを食す 春の草津温泉旅行 その19
吹雪の長野原草津口駅で115系と185系電車を撮影する 春の草津温泉旅行 その20

写真はNikon D90Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影しました。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録