文京区白山と西方の路地裏風景から根津のネコ 春の白山路地裏散歩 その4(最終回)

スポンサーリンク

3月7日。
Nikon1 J1に単焦点レンズをつけての白山路地裏散歩レポートの最終回です。
丸山福山町という町名だった文京区白山の一角を離脱します。
この富士見湯の外観が銭湯らしい造りなのでここを通る度に惹かれます。

歩みを進めるとまた味がある一角がありました。

この辺りを歩くと魅力的な街角がたくさんあってなかなか先へ進めないのが難点ではあります(笑)
この床屋さんも昔ながらのいい雰囲気があります。

そのすぐ近くにある小さなお稲荷様も町の人々に大事にされているようでした。

白山から文京区西方に入りました。
このアパートはもう誰も住んでいないようです。

撮影したのは9ヶ月以上前のことなので今現在まだ残っているかはわかりません。

こんな長屋もまだ残っていました。

白山も昔の姿が残る町でしたが、この西方も実にいい雰囲気の町です。

西方から本郷を抜けて根津まで下りてきました。
そこで出会ったのがこちらのネコ。

やっぱり僕の散歩にはネコは欠かせませんよ(笑)

今回の散歩は東京メトロ千代田線の根津駅がゴールでした。
まあ、千駄木から根津までのひと駅散歩だったわけですが、だいぶ遠回りをしました。
だいたいこの地図の中央付近を歩きました。


大きな地図で見る

中央右上にある千駄木から駒込高校前を通り、都立向ヶ丘高校付近を何かして、東大前駅から東へ向かって根津駅へといった感じですかね。
この近辺の散歩の参考になればと思います。

春の白山路地裏散歩
白山路地裏散歩のスタートから続々と井戸ポンプ発見 春の白山路地裏散歩 その1
冬眠から目覚めた梅の木の下のカエル 春の白山路地裏散歩 その2
かつて花街だった丸山福山町に残る濱乃家などの料亭の名残 春の白山路地裏散歩 その3
文京区白山と西方の路地裏風景から根津のネコ 春の白山路地裏散歩 その4(最終回)←今ここ

写真はNikon1 J1+Nikon 1 NIKKOR (ワンニッコール) 18.5mm f/1.8 ブラック 1N 18.5 1.8BKで撮影したものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録