かつて橋の中央部が開閉していたことに思いを馳せながら夕暮れ時の勝鬨橋を渡る 『佃・月島・築地路地裏散歩』 その9

スポンサーリンク

2月1日。
今日は月島、勝どき、築地あたりの水がある風景を紹介します。
月島あたりでは、隅田川からの運河に屋形船の船溜まりがありました。

東京路地裏散歩 佃・月島・築地 2014年2月1日

僕は東京に住んでいながらもまだ屋形舟は未体験なのですよ。
隅田川の花火大会などを船から見られたら最高なんでしょうね。
そんな屋形船の屋根の上にネコ発見!

東京路地裏散歩 佃・月島・築地 2014年2月1日

でも動きません(笑)
まあ、ご愛嬌ということで。

隅田川に出ました。
月島、勝どき側から築地に行くにはこの勝鬨橋を渡らなくてはいけません。

東京路地裏散歩 佃・月島・築地 2014年2月1日

かつては橋の中央部分が開く跳ね橋だったそうですよ。
大型船が隅田川を航行していたころのお話です。
そんな勝鬨橋の上からは見事な夕焼け空を眺めることができました。

東京路地裏散歩 佃・月島・築地 2014年2月1日

縦位置でもバチリ。

東京路地裏散歩 佃・月島・築地 2014年2月1日

シルエットの東京タワーが美しい姿をしています。
東京湾方面から上流へ向かって屋形船がやって来ました。

東京路地裏散歩 佃・月島・築地 2014年2月1日

営業中のものなのか単なる移動なのかわかりませんでしたが、結構なスピードを出していました。

東京路地裏散歩 佃・月島・築地 2014年2月1日

それでは勝鬨橋を進んでいきましょう。
歩道の途中に信号があります。

東京路地裏散歩 佃・月島・築地 2014年2月1日

この信号が赤になった時に橋の中央部分が開いていたのですね。
ここがその中央部です。

東京路地裏散歩 佃・月島・築地 2014年2月1日

昭和45年(1970年)11月29日が最後に橋が上がった日だそうです。
一度でいいからその姿を見てみたかったなあ。

今回の撮影場所はここらへんです。

次回は夕暮れ時の築地の風景を紹介します。
続く。

佃・月島・築地路地裏散歩まとめ
中央区の古い町並みが残る町を散策してみる。まずは佃から 『佃・月島・築地路地裏散歩』 その1
中央区佃の路地裏で見つけたユニークな台座に乗っかった井戸ポンプ 『佃・月島・築地路地裏散歩』 その2
細い路地の先にあるのは佃天台地蔵尊 『佃・月島・築地路地裏散歩』 その3
佃小橋からの眺めと佃の井戸ポンプ 『佃・月島・築地路地裏散歩』 その4
佃の駄菓子屋さんで元気に働く看板猫 『佃・月島・築地路地裏散歩』 その5
佃の佃煮屋と住吉神社と路地裏風景 『佃・月島・築地路地裏散歩』 その6
中央区月島の長屋がある風景 『佃・月島・築地路地裏散歩』 その7
中央区月島の路地裏で出会ったネコたち 『佃・月島・築地路地裏散歩』 その8
かつて橋の中央部が開閉していたことに思いを馳せながら夕暮れ時の勝鬨橋を渡る 『佃・月島・築地路地裏散歩』 その9←今ここ
夕暮れ時の閑散とした築地のアーケード街を歩いてみる 『佃・月島・築地路地裏散歩』 その10
夕暮れの築地から賑やかな銀座へ。そして有楽町のガード下で散歩を終える 『佃・月島・築地路地裏散歩』 その11(最終回)

写真はNikon D7000+Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G AFSDX35 1.8G及びNikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G フルサイズ対応で撮影したものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で

似たテーマの記事はこちら

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録