夕暮れの築地から賑やかな銀座へ。そして有楽町のガード下で散歩を終える 『佃・月島・築地路地裏散歩』 その11(最終回)

スポンサーリンク

2月1日。
佃から始まり、月島、築地と中央区の路地裏を歩いてきたレポートの最終回となります。
今回も築地からスタートしましょう。
土曜日の夕方の築地はどこか閑散としてもの寂しいところがあります。
そんな中で古くて渋い看板があるとタイムスリップしてしまったような感がありました。

東京路地裏散歩 佃・月島・築地 2014年2月1日

数は少ないけど開いているお店もあるので人通りがあるところもありました。

東京路地裏散歩 佃・月島・築地 2014年2月1日

お、ここにもお店の看板付きの自転車発見。

東京路地裏散歩 佃・月島・築地 2014年2月1日

広告にもなるし、似たような自転車から自分のものを見つけ出す判別の基準にもなりますね。

僕は賑やかな町よりもちょっと静かめな方が好きなので、この時間帯の築地ってすごく好きかも。

東京路地裏散歩 佃・月島・築地 2014年2月1日

それでも、活気がある築地も見てみたいので今度は早朝にも来てみようかな。

東京路地裏散歩 佃・月島・築地 2014年2月1日

東京路地裏散歩 佃・月島・築地 2014年2月1日

築地を抜けて銀座に出てきました。

東京路地裏散歩 佃・月島・築地 2014年2月1日

こちらは土曜日の夜でも人通りはたくさんあります。
街の様子も華やかだし、これまで歩いてきた路地裏とはかなり趣が違ってきます。

東京路地裏散歩 佃・月島・築地 2014年2月1日

そんな喧騒を抜けて、有楽町駅の近くまで来てみました。
ガード下には落ち着いてみることができる風景があります。

東京路地裏散歩 佃・月島・築地 2014年2月1日

銀座のおしゃれな町並みよりも僕はこっちの方が魅力的に感じちゃいますね。

東京路地裏散歩 佃・月島・築地 2014年2月1日

というわけで、中央区の佃から始まった東京路地裏散歩は千代田区有楽町で終了となりました。
この日は結局約17km程歩きました。

佃・月島・築地路地裏散歩まとめ
中央区の古い町並みが残る町を散策してみる。まずは佃から 『佃・月島・築地路地裏散歩』 その1
中央区佃の路地裏で見つけたユニークな台座に乗っかった井戸ポンプ 『佃・月島・築地路地裏散歩』 その2
細い路地の先にあるのは佃天台地蔵尊 『佃・月島・築地路地裏散歩』 その3
佃小橋からの眺めと佃の井戸ポンプ 『佃・月島・築地路地裏散歩』 その4
佃の駄菓子屋さんで元気に働く看板猫 『佃・月島・築地路地裏散歩』 その5
佃の佃煮屋と住吉神社と路地裏風景 『佃・月島・築地路地裏散歩』 その6
中央区月島の長屋がある風景 『佃・月島・築地路地裏散歩』 その7
中央区月島の路地裏で出会ったネコたち 『佃・月島・築地路地裏散歩』 その8
かつて橋の中央部が開閉していたことに思いを馳せながら夕暮れ時の勝鬨橋を渡る 『佃・月島・築地路地裏散歩』 その9
夕暮れ時の閑散とした築地のアーケード街を歩いてみる 『佃・月島・築地路地裏散歩』 その10
夕暮れの築地から賑やかな銀座へ。そして有楽町のガード下で散歩を終える 『佃・月島・築地路地裏散歩』 その11(最終回)←今ここ

写真はNikon D7000+Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G フルサイズ対応で撮影したものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事


この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で

似たテーマの記事はこちら

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録