四万温泉名物・島村の焼きまんじゅうはぜひぜひ食べるべし 『四万温泉の積善館への旅』 その11

スポンサーリンク

12月6日。
群馬県の四万温泉の積善館に宿泊してきました。

積善館をチェックアウトしてまず向かったのは四万温泉名物の焼きまんじゅうを食べさせてくれるお店です。

群馬県四万温泉 積善館 Sekizenkan 2014年12月6日

温泉街を歩くとそこかしこに「焼きまんじゅう」という幟が出ているので、前日から食べたくて仕方がありませんでした。
そんなお店の中から選んだのは島村です。

群馬県四万温泉 積善館 Sekizenkan 2014年12月6日

Sponsored Link

まんじゅうの前に雪がすごいです(笑)
島村にはイートインスペースもありますが、オープンスペースなので寒さを避けることはできませんでした。
でも寒さよりも食欲ですよね。
迷うことなくおばちゃんに焼まんじゅうを注文しました。

焼きまんじゅうは一串200円です。
一串に4つのまんじゅうが刺さっています。
まずは(たぶん)秘伝のタレをたっぷりつけて炭火で焼きます。

群馬県四万温泉 積善館 Sekizenkan 2014年12月6日

ひたすら焼きます。

群馬県四万温泉 積善館 Sekizenkan 2014年12月6日

おばちゃんが団扇で扇ぐ度に香ばしい匂いが漂ってきて、否が応でも食欲がそそられますよ。
両面に焦げ目がついたところでできあがりです。

群馬県四万温泉 積善館 Sekizenkan 2014年12月6日

どーん!

群馬県四万温泉 積善館 Sekizenkan 2014年12月6日

本当に美味しそうです。
雪が激しく舞う寒さの中でも美味しそうです。

群馬県四万温泉 積善館 Sekizenkan 2014年12月6日

一番下のまんじゅうに刺さっている小さな串でひとつひとつ取って食べるというシステムです。

群馬県四万温泉 積善館 Sekizenkan 2014年12月6日

4つって多いかなと思ったけど、これがペロリといけちゃうのですよ。
むしろ物足りないくらいの甘くて美味しい焼きまんじゅうなのです。
四万温泉に行くならばぜひ焼きまんじゅうは食べていただきたいです。

群馬県四万温泉 積善館 Sekizenkan 2014年12月6日

場所はだいたいここらへんです。

お腹が満たされたところで、次は無料で入ることのできる共同浴場を目指すことにします。
この雪の中、頑張って歩いて行きますよ。

群馬県四万温泉 積善館 Sekizenkan 2014年12月6日

次回に続く。

積善館の宿泊プランはこちらを参考にしてください。

こちらの雑誌に積善館についてたくさん書かれていました。表紙も積善館です。

OZ TRIP (オズトリップ) 2015年 01月号 [雑誌]

スターツ出版 2014-11-17
売り上げランキング :

by ヨメレバ

『四万温泉の積善館への旅』まとめ
群馬県の四万温泉にある積善館という温泉旅館へ 『四万温泉の積善館への旅』 その1
レトロ感漂う積善館本館の湯治棟の外観と部屋の中 『四万温泉の積善館への旅』 その2
四万温泉の温泉を利用して蒸したうなぎを食べてみた 『四万温泉の積善館への旅』 その3
四万温泉で無料で入浴できる共同浴場の河原の湯に入ってみた 『四万温泉の積善館への旅』 その4
柏屋カフェで温泉マークが描かれたカプチーノを飲んでみた 『四万温泉の積善館への旅』 その5
館内歴史ツアーで積善館と四万温泉の歴史を学ぶ 『四万温泉の積善館への旅』 その6
レトロ感満載の積善館の本館、山荘、佳松亭を個人的に探検してみる 『四万温泉の積善館への旅』 その7
積善館山荘での湯治用の夕食を食べてみた 『四万温泉の積善館への旅』 その8
積善館の山荘にある貸切湯・山荘の湯 『四万温泉の積善館への旅』 その9
積善館での朝食の様子を館内の朝の景色 『四万温泉の積善館への旅』 その10
四万温泉名物・島村の焼きまんじゅうはぜひぜひ食べるべし 『四万温泉の積善館への旅』 その11←今ここ
無料で入浴できる共同浴場の上之湯と山口川音の足湯に入ってみる 『四万温泉の積善館への旅』 その12
四万温泉の温泉街で雪景色を撮影してみる 『四万温泉の積善館への旅』 その13
四万温泉で一番美味い餃子を出してくれる中華ゆうみんでみそバターラーメンと餃子を食べてみた 『四万温泉の積善館への旅』 その14
四万温泉での娯楽の王道、柳屋のスマートボールで遊んでみた 『四万温泉の積善館への旅』 その15
四万温泉の温泉は飲んでも美味しい ゆずりは飲泉場での飲泉と足湯体験 『四万温泉の積善館への旅』 その16(最終回)

写真はNikon D7000+Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G AFSDX35 1.8Gで撮影しました。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録