神田川と日本橋川で船に乗りながらお花見をする!?秋葉原の和泉橋からクルーズがスタート! 『千代田のさくらクルーズの旅』 その1

スポンサーリンク

3月26日。
神田リバーサイドプロジェクトが主催する千代田のさくらクルーズに参加してきました。
このクルーズは神田川と日本橋川を船でクルーズしながら桜を楽しんじゃおうというものです。
残念ながらソメイヨシノには早すぎたのか、川沿いで桜はほとんど咲いていませんでしたが、桜はなくても川から見る川沿いの風景は最高に面白かったのでレポートしていくことにします。

千代田区桜クルーズ

このクルーズの出発地点は神田川の和泉橋防災船着場です。
秋葉原駅から徒歩すぐのところにあります。
こちらが入り口ですね。

千代田区桜クルーズ

Sponsored Link

ビルとビルの隙間にこの入口があるので、意識して歩いていないと見逃してしまうかもしれません。
ここから神田川方向に歩いて行くとすぐに船着場があります。

千代田区桜クルーズ

ここはあくまで防災を目的とした船着場で、定期船が発着することはありません。
今回の千代田のさくらクルーズも3月26日(土)、27日(日)、4月2日(土)、3日(日)の4日間限定のイベントでした。
参加費用は2000円です。

千代田区桜クルーズ

これから乗船する船がやって来ました。

千代田区桜クルーズ

座席はオープンエアーなので川の上の風と空気を感じながらクルーズすることができそうです。
それでは船に乗り込みましょう。

千代田区桜クルーズ

早めに到着して並んでいたおかげで端っこの座席を確保することができました。
ここでルートの確認をしておきましょうかね。

千代田区桜クルーズ

神田川の和泉橋をスタート地点として、後楽園で日本橋川へと入り、日本橋がゴール地点です。
そこで下船してもいいし、復路もそのまま乗船したままでもいいというプランです。
これからたくさんの橋の下をくぐっていきますので、いったいいくつ橋があるのか数えるのも楽しみにしていました。

この和泉橋船着場で乗船中に振り返ってみると、そこには和泉橋があります。

千代田区桜クルーズ

ただ、この橋はくぐらないのでカウントはされません。

出航時間の10:00になりました。
それでは出発です。

千代田区桜クルーズ

出発してすぐに柳森神社の脇に小さな橋が見えてきました。

千代田区桜クルーズ

これが第一の橋になりますね。
ってところで、今回はスタートまでのお話で終わりにしましょう。
次回はこの小さな橋の下から始まり、神田川から眺める川沿いのダイナミックな眺めを紹介していきます。
続く。

千代田のさくらクルーズの旅
神田川と日本橋川で船に乗りながらお花見をする!?秋葉原の和泉橋からクルーズがスタート! 『千代田のさくらクルーズの旅』 その1←今ここ
巨大構造物が連続する神田川の神田ふれあい橋からお茶の水橋の間の風景 『千代田のさくらクルーズの旅』 その2
お茶の水橋から後楽橋までの神田川の風景 ゴミの運搬作業の現場もあり 『千代田のさくらクルーズの旅』 その3
新三崎橋から宝田橋まで高速道路が空を覆った日本橋川を進む! 『千代田のさくらクルーズの旅』 その4
神田川と日本橋川の25の橋をくぐってゴール地点の日本橋へ! 『千代田のさくらクルーズの旅』 その5
日本橋川を江戸の残滓とみごとな枝垂れ桜を眺めつつ進む! 『千代田のさくらクルーズの旅』 その6
水道橋から秋葉原までのダイナミックに変化する神田川沿いの風景 『千代田のさくらクルーズの旅』 その7(最終回)

写真はNikon D610+Nikon AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED及びVoigtlander COLOR-SKOPAR 20mm F3.5 SLII N Asphericalで撮影しました。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録