坂と階段と路地の迷宮 旧大塚坂下町路地裏散歩 その2

スポンサーリンク

旧大塚坂下町は細い路地と坂道、階段が入り組んでおり、ダンジョンさながらの様相でした。

まっすぐ区画整理されている場所もあるのですが、曲がりくねった道や斜めの交差点もあるので、自分がどこにいるのか危うく分からなくなってしまいそうにもなってしまいました。

でも、だからこそこの町の面白さがあるのですけれどね。

前回は路地裏にある廃アパート群をレポートしましたが、今回は道について注目したいと思います。

旧大塚坂下町は崖の下にあるので、とにかく坂道が多く、石垣の上に家を建てたりしているところがたくさんありました。

そして、階段、階段、階段。

この先はどうなっているのだろうとついつい歩いてみたくなる道ばかりです。

自転車乗りにとってはつらいかもしれませんが、散歩をするには先が全く見えない楽しみがありますよ。

苔だらけの石垣があったり。

石畳の路地があったり。

ちょっと歩くだけで写真を撮りたくなる場所がたくさん出てくるのです。

こんな場所が東京に残っているなんて思ってもいませんでした。

実はこの旧大塚坂下町のすぐそばを毎週のように歩いていたのですが、ずっとスルーしてきました。

崖の下にはきっと何かがあるという匂いは感じていたのとてももったいないことをしていたのです。

でも今回実際に歩いてみて、やはり自分の直感は正しく、そこには今だ昭和の風景がたくさん残っていたのです。

しかし、実はこの路地裏ではさらに素敵なものを多数発見することができたのですよ。

その話はまた次回。

旧大塚坂下町路地裏散歩まとめ
路地裏の廃アパート群 旧大塚坂下町路地裏散歩 その1
坂と階段と路地の迷宮 旧大塚坂下町路地裏散歩 その2←今ここ
井戸がある町の風景1/2 旧大塚坂下町路地裏散歩 その3
井戸がある町の風景2/2 旧大塚坂下町路地裏散歩 その4
昭和を感じさせる建築群 旧大塚坂下町路地裏散歩 その5
やっぱり猫がいる! 旧大塚坂下町路地裏散歩 その6

写真はNikon D40xで撮影したものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事


この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録