強風の中、信越本線はダイヤどおりの運行が不可能に 冬の青春18きっぷの旅 その2

スポンサーリンク

今年の冬の青春18きっぷの最初の旅の目的地は、富山。

まずは上野発23:06の新前橋行きの普通列車に乗り高崎へと向かいました。

この列車は約2分程遅れて0:56頃に高崎着。

高崎には既に新宿発のムーンライトえちごが到着していました。

しばらくすると隣のホームに金沢行きの急行能登がやってきて国鉄特急色のランデブーとなるのですが、寒さと眠気で写真を撮る気力がなくなっていました。

節約のために普通列車で高崎まで来たけど、自分のコンディションのためには素直に新宿からムーンライトえちごに乗って早めに睡眠をとったほうがよかったかも。

次えちごに乗るときは新宿から乗ることにしよう。

さて、ムーンライトえちごは1:13高崎発。

ここから睡眠タイムに入り新潟に向かうことになるのですが、高崎の次の停車駅である長岡に近づくと車内放送が入り、どうも強風のために遅れていると言っているような気が。

でもまだ3時台で頭が回っていなかったのでそのままスルーしてまた睡眠に入ってしまいました。

新津駅に近づくとやはり車内放送が入り、これから乗る予定の新潟発の越後線が大幅に遅れる予定と車内放送が入り、さらに羽越線方面にも遅れが出ているとのことで、これからの予定をどうするべきか再考することに。

新潟からの予定は以下のものでした。

新潟 4:51

吉田 5:53
吉田 5:56

柏崎 7:08
柏崎 7:25

直江津 8:07
直江津 8:12

富山 10:03

というタイトなものだったのです。

既に4:51発の吉田行き普通列車は走らないとのことだったので、このプランを断念せざるをえません。

そこで北陸方面に行くのは諦めて、磐越西線で会津若松に遊びに行くか、それとも新津駅でえちごを降りて、信越本線経由で北陸行きを強行するかで迷いました。

会津方面だったら風の影響がないと思われるので快適な旅が期待できたけど、新津駅から信越本線が定刻通り走ればなんとか富山に行ける時間だったので、悪天候ながらも日本海沿いを進むことにしました。

ムーンライトえちごは5時くらいに新津着、そして下車。

待合室でしばらく待って、5:37発の長岡行き普通列車に乗車。

6:31、定刻通り長岡に着。

6:41、直江津行き普通列車に乗車。

ここまではなかなか快調なペースでした。

しかし、長岡を過ぎてから徐行運転に変わったり、しまいには完全に停車してしまい動かなくなってしまったのです。

結局直江津着8:07の予定が55分遅れて9時過ぎになってしまいました。

がんばって富山に行くことは可能だけれども、行くことはできてもこの日のうちに帰ってくることはできませんので富山行きはここで完全に断念して新たなプランを立てることにして、いったん直江津駅の待合室へ。

するとこんな掲示が。

この日の日本海側の悪天候は相当なものだということがわかると思います。

冬の青春18きっぷの旅まとめ
暴風雪という悪天候の中新潟へ 冬の青春18きっぷの旅 その1
強風の中、信越本線はダイヤどおりの運行が不可能に 冬の青春18きっぷの旅 その2←今ここ
普通列車「妙高号」で直江津から長野へ 冬の青春18きっぷの旅 その3
日本一の豪雪路線、飯山線を行く 冬の青春18きっぷの旅 その4
猛吹雪の中、上越線土合駅へと降り立つ 冬の青春18きっぷの旅 その5
462段の階段がある日本一のモグラ駅、上越線土合駅 冬の青春18きっぷの旅 その6
猛吹雪の上越線土樽駅から東京へと帰還 冬の青春18きっぷの旅 その7

写真はNikon D40xで撮影したものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録