462段の階段がある日本一のモグラ駅、上越線土合駅 冬の青春18きっぷの旅 その6

スポンサーリンク

さて、冬の青春18きっぷの旅では猛吹雪の中、越後川口駅から上越線で土合駅へとやって来ました。

土合駅は上りホームは地上にあり、下りホームは地下にあるという構造をしており、前回は地上ホームと待合室を紹介しました。

今回は地下にある下りホームへと行ってみようと思います。

待合室を出て左に行くと下りホームへの通路があります。

こういうところで一人でいるのはやっぱり怖いです。

この通路をずんずん進んでいくといよいよ下りホームへと向かい下り階段が見えてきます。

右下には462という文字が見えますよね。

下から上がってくるには462段も階段を上がってこなくてはいけないのです!

今回は下りだから楽々進むことができました。

下から上を見上げてみると、

かすかに一番上が見えますが、遠い遠い道のりですよね。

いよいよホームに出ます。

やっぱり誰もいません。

ホームには待合室もあります。

ここでひとつ悩みどころが出てきました。

階段を上って18:22発の水上行きに乗るか、このまま下りホームで待って17:47発の長岡行きに乗るか。

階段を上るのもなんだか嫌だし、上りホームの地上は猛吹雪なので遭難の危険があるしで結局長岡行きに乗ることにしました。

最後に長岡行き普通列車の入線を動画でご覧下さい。

この列車に乗って隣の土樽駅へと向かうことにします。

冬の青春18きっぷの旅まとめ
暴風雪という悪天候の中新潟へ 冬の青春18きっぷの旅 その1
強風の中、信越本線はダイヤどおりの運行が不可能に 冬の青春18きっぷの旅 その2
普通列車「妙高号」で直江津から長野へ 冬の青春18きっぷの旅 その3
日本一の豪雪路線、飯山線を行く 冬の青春18きっぷの旅 その4
猛吹雪の中、上越線土合駅へと降り立つ 冬の青春18きっぷの旅 その5
462段の階段がある日本一のモグラ駅、上越線土合駅 冬の青春18きっぷの旅 その6←今ここ
猛吹雪の上越線土樽駅から東京へと帰還 冬の青春18きっぷの旅 その7

写真はNikon D40xで撮影したものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録