伊豆ヶ岳から天目指峠への下り道 秩父伊豆ヶ岳登山 その5

スポンサーリンク

7月23日。
伊豆ヶ岳を越える道で標高851mの伊豆ヶ岳に到達したわけですが、山は上るだけではなくて下らなくてはいけません。
ゴールの標高185mの西武秩父線吾野駅を目指します。

下りに入るとかなりきつい傾斜になり、登山道も小石が多くなって歩きにくさが出てくるので注意が必要です。

こんな鎖場まであります。

鎖場は2,3箇所ありました。
一生懸命下っているのも関わらず、またしても急な上りにもなります。

このコースは単純に下るのではなく、下って上ってまた下るという激しいアップダウンがあるコースなのです。
ひーひー言いながらなんとか次のチェックポイント、標高830mの古御岳に到着。

ベンチもあるのでここで休憩できます。
休んだ後は一気に下って、標高695mの高畑山に。

どんどん下って行きますが、だんだんと木々が倒れているワイルドな道になってきます。

ここらへんの道で立ち止まると、風に揺れる木の幹がギーギー鳴くのが聞こえました。

木の音なんてそうは聞く機会がないので、これも貴重な経験です。

そして標高475mの天目指峠に到着。

ここはスズメバチ注意の張り紙があったので早々に退散することにします。
851mの伊豆ヶ岳から380m程下って来ましたが、まだまだゴールは遥か先です。
続きはまた次回にしましょう。

秩父伊豆ヶ岳登山まとめ
夏の青空の下、伊豆ヶ岳を目指す登山をスタートする 秩父伊豆ヶ岳登山 その1
正丸の美しい集落と小川 秩父伊豆ヶ岳登山 その2
登山道が沢登りとなり正丸峠に達する 秩父伊豆ヶ岳登山 その3
尾根道を進んで標高851mの伊豆ヶ岳山頂に到達する 秩父伊豆ヶ岳登山 その4
伊豆ヶ岳から天目指峠への下り道 秩父伊豆ヶ岳登山 その5←今ここ
山中の立派な子ノ権現を参拝する 秩父伊豆ヶ岳登山 その6
道を間違えるものの、無事20kmを歩き通す! 秩父伊豆ヶ岳登山 その7

写真はNikon D90Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影しました。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録