東海道本線を乗り継いで静岡県の三島へ 冬の青春18きっぷで三嶋大社初詣の旅 その1

スポンサーリンク

冬の青春18きっぷの発売は12月31日までだったのですが、そんなことも確認していなかったためにうっかり今シーズンは買いそびれてしまいました。
twitterでそのことをつぶやいたところフォトライターの栗原景さんから余っているのでいかがでしょうという素敵なオファーがありまして、お言葉に甘えて余っている分を譲って頂きました。
そういうわけで、晴れて今シーズンも青春18きっぷの旅に出ることができるようになりました。

1月8日。

今回の旅の目的は三嶋大社で初詣をすることです。
御嶽神社で初詣を済ませていたので厳密に言えばそうではないのかもしれませんが、とりあえず年始の休みのうちにお参りに行くということで初詣とします(笑)

早朝の東京駅を東海道本線の列車で出発すると、だんだんと空が明るくなっていく様子を見ることができます。

真っ青な空でなくとも、表情豊かな雲がある空は眺めているだけで楽しいものです。
進行方向右側にはチラッと富士山も顔を出しました。

進行方向左側ならば海が見えますよ。

逆光だと上のように見えますが、順光で見えるポイントもあります。

どちらもいい眺めですねえ。
熱海駅で乗り換えて、東京から2時間ちょっとで三島駅に到着です。
JRの三島駅は三嶋大社の最寄り駅ということで神社風のなかなか荘厳な駅舎になっています。

「JRの」と書いたのは、この三島駅には伊豆箱根鉄道駿豆線も乗り入れているからで、そちらの方にも駅舎があるからです。
駿豆線三島駅の駅舎はこちらからどうぞ。
冬の青空の下、伊豆へ行こうと思う 冬の青春18きっぷで行く修善寺の旅 その1
ほぼ1年前に三島駅を訪れた時のレポートです。

いきなり三嶋大社に行くのではなく、まずは三島市立公園楽寿園へと向かいました。

この楽寿園は明治時代に造られた小松宮彰仁親王の別邸で、現在は三島市が管理し、広く一般に公開されるようになっています。
園の中は森があり、のんびり散歩するにはとてもいい環境でした。

1月ということで植物も少なめですが、あちこちで生命の息吹を感じることはできます。

また、SLのC58の展示もされていましたよ。

さて、今回kの楽寿園にお邪魔したのはお散歩のためではありません。
僕が好きなあの動物がここにはいるのですよ。
その話はまた次回にしましょう。

冬の青春18きっぷで三嶋大社初詣の旅まとめ
東海道本線を乗り継いで静岡県の三島へ 冬の青春18きっぷで三嶋大社初詣の旅 その1←今ここ
三島の楽寿園のカピバラ温泉タイム 冬の青春18きっぷで三嶋大社初詣の旅 その2
三島の楽寿園にいるオスのカピバラを観察する 冬の青春18きっぷで三嶋大社初詣の旅 その3
(たぶん)日本一新幹線の線路に近いところにある三島の井戸ポンプ 冬の青春18きっぷで三嶋大社初詣の旅 その4
水路の町三島の楽しい散策路 冬の青春18きっぷで三嶋大社初詣の旅 その5
三嶋大社で参拝してシカと戯れる 冬の青春18きっぷで三嶋大社初詣の旅 その6
三島の看板建築群と消防パレード 冬の青春18きっぷで三嶋大社初詣の旅 その7
三島の源兵衛川沿いで井戸ポンプに出会う 冬の青春18きっぷで三嶋大社初詣の旅 その8

写真はNikon D90Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影しました。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録