上諏訪の並木通りに残る大正時代の建築物 冬の諏訪湖への旅 その6

スポンサーリンク

1月16日。
これまで長野県の諏訪地方には何度も来ていましたが、上諏訪の町をじっくり歩くことはこれまでほとんどありませんでした。
そこで、今回はぷらぷらと上諏訪散歩をしてみようと思います。
歩き始めていきなりこんな建物がありましたので、この町には歴史を感じさせる建造物がたくさんありそうな予感がしてきます。

こちらは実に立派な門構えです。

ここはなんと病院です。

上諏訪病院と言いまして、大正10年(1921年)の建築だそうです。

縦長の窓に絡まった蔦。
思わず見とれてしまう近代建築でした。

上諏訪病院の先には青木産婦人科医院がありました。

こちらは大正11年(1922年)築の建物で、洋風の上諏訪病院とは異なる雰囲気の和洋折衷の木造建築です。
こんな素敵な建物が連続するこの通りは並木通りという通りです。
古い感じの建物が立ち並ぶいい感じの道です。

そうそう、青木産婦人科医院の前には手湯もあるので温泉の匂いが立ち込める満ちでもありました。

次回もこの並木通りの散策が続きます。

冬の諏訪湖への旅まとめ
特急あずさに乗って冬の諏訪地方へ 冬の諏訪湖への旅 その1
結氷した諏訪湖の冬景色 冬の諏訪湖への旅 その2
上諏訪のホテル鷺乃湯に宿泊する 冬の諏訪湖への旅 その3
朝の諏訪湖散歩とホテル鷺乃湯での朝食 冬の諏訪湖への旅 その4
諏訪湖畔にあるホテル鷺乃湯の大浴場と露天風呂 冬の諏訪湖への旅 その5
上諏訪の並木通りに残る大正時代の建築物 冬の諏訪湖への旅 その6←今ここ
上諏訪の並木通りにある丸高蔵 冬の諏訪湖への旅 その7
雪と氷の高島城を見学する 冬の諏訪湖への旅 その8
上諏訪の甲州街道沿いを散策する 冬の諏訪湖への旅 その9

写真はNikon D90Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影しました。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録