高崎線、上越線を乗り継いで雪国へと向かう 春の青春18きっぷの旅 JR東日本制覇編 その1

スポンサーリンク

3月8日。
これまでちょこちょこと全国のJRの路線を乗車していまして、JR東日本に関してはまだ乗車していない区間が京葉線の西船橋-市川塩浜間と上越線の越後湯沢-ガーラ湯沢間のみとなっていました。
両方共ひと駅区間だけが残っているというなんとも中途半端な状態だったので、一気にこれらをクリアしてJR東日本を制覇しようという目的の旅に出ることにしました。
ちょうど春の青春18きっぷのシーズンになっていたので、のんびり各駅停車で2つの区間をまわってみようと思います。

上野駅の早朝。

まだ誰もいないホームにドアが開いていない列車がぽつりといます。

普段はたくさんの人で混雑しているこのホームも朝の5時前という時間帯では実にひっそりとしているものです。

階段の近くにいてもなかなか人が降りてこないのですよ。
まだ寒さが残る3月上旬だと始発列車で旅に出ようという人もあまりいないのかもしれませんね。

5:13、上野発高崎行き高崎線普通列車に乗車。
車内では完全に睡眠に入り、気がついたら高崎駅に着いていました。
6:55、高崎着。
ここで高崎線から上越線へと乗り換えます。

高崎駅では上越線、信越線、吾妻線、両毛線の列車も発着しており、それらの路線ではいまだ湘南色の115系電車も使われています。

一昔前まではこの列車も上野駅に乗り入れていたのですが、今ではもうそれもなくなってしまいました。
群馬県に行く楽しみのひとつがこの115系電車を見ることであります。

7:10、高崎発水上行き上越線普通列車に乗車。
上越線からの車窓は沼田駅あたりから一気に山の中という雰囲気になってきます。

8:13、水上着。
水上駅は群馬県にあり、新潟県都の県境に近い駅です。
従って駅に近づくにつれてどんどん雪が多くなってくるという景色を見ることができます。
駅自体にはそんなに雪がないけど、外はかなり積もっていましたよ。

この雪でもたくさん積もってしると思ってしまう東京生まれ東京育ち東京暮らしの僕はこの後新潟県に入ってさらに驚くことになります。
その話はまた次回。

春の青春18きっぷの旅 JR東日本制覇編まとめ
高崎線、上越線を乗り継いで雪国へと向かう 春の青春18きっぷの旅 JR東日本制覇編 その1←今ここ
群馬県と新潟県の県境を上越線で越える 春の青春18きっぷの旅 JR東日本制覇編 その2
上越新幹線の越後湯沢-ガーラ湯沢間を乗車する 春の青春18きっぷの旅 JR東日本制覇編 その3
スキー場と新幹線が直結したガーラ湯沢駅 春の青春18きっぷの旅 JR東日本制覇編 その4
温泉を求めてガーラ湯沢駅から越後湯沢駅まで歩く 春の青春18きっぷの旅 JR東日本制覇編 その5
雪国らしい越後湯沢の町中風景 春の青春18きっぷの旅 JR東日本制覇編 その6
越後湯沢駅で縄文焼きと温泉を楽しむ 春の青春18きっぷの旅 JR東日本制覇編 その7
京葉線の西船橋-市川塩浜間に乗車してJR東日本を完乗する 春の青春18きっぷの旅 JR東日本制覇編 その8

写真はNikon D90シグマ 30mm F1.4 EX DC デジタル専用 HSM ニコン用で撮影しました。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事


この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録