西日暮里駅前から花咲く路地裏ある気がスタートする 春の谷中フォトウォーク2013 その1

スポンサーリンク

4月27日。
春になりました。
谷中、根津、千駄木、上野を歩いてみるとあちこちに色とりどりの花が咲いて、冬のモノトーンの景色とはぜんぜん違うものになってきました。
というわけで、そんな気分が明るくなるような風景を楽しもうと僕の企画による谷中フォトウォークを開催しました。
参加者は僕と日曜アーティストの工房のTOMAKIさんの2人でのんびりと谷中周辺の路地裏を歩いてきました。

まずは今回歩いたルートを見てみましょう。


より大きな地図で 谷中フォトウォーク を表示

西日暮里駅をスタート地点として、夕やけだんだん、谷中銀座、HAGISO、須藤公園、旧安田楠雄邸庭園、へび道、根津神社、真島稲荷、ギャラリー藍染というようルートを歩いてみました。
谷中フォトウォークと言いつつも、谷中は端っこをちょっとだけしか歩いていません。
それでは、フォトウォークの成果を見ていくことにしましょう。

まずは西日暮里の南泉寺のツツジから。

この季節はこうやって花がたくさん咲いているというのがとても気分をよくさせてくれます。
そんな南泉寺の向かいにあるのがHIGURE 17-15 casというアートスペースです。
まだ早い時間帯だったのでオープンしていなかったのですが、ギャラリーの前には看板猫のうちの1匹がいました。

この前の道は富士見坂の坂を下りたところになるので、上の道よりも人通りは少ないです。
それでもこんな風に花がたくさん咲いている今の季節は気分よく歩けます。

見あげれば大木に葉っぱがたくさんついていて太陽の光を遮ってくれてもいます。

こんなひょうたんもあったりしてついついニンマリしちゃいます。

日暮里と谷中を繋ぐ階段道の夕やけだんだんに到着です。

ここの花壇にも花がたくさん咲いています。

ネコも気持ちよさそうに寝ていますねえ。

こちらのネコはしっかり目を開けてはいるものの動くことはありません。

あまりに暖かくて気持ちがいいのでちょっと休憩したくなりますが、お昼の時間がもうそこまで迫っているのでここは我慢です。

夕やけだんだんの周辺は撮影したくなるポイントがたくさんあるのでついつい長居してしまいましたが、先に進むことにします。
次回は谷中銀座から一本路地を入ったところを紹介します。

写真はNikon D90+Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G AFSDX35 1.8Gで撮影したものです。

春の谷中フォトウォーク
西日暮里駅前から花咲く路地裏ある気がスタートする 春の谷中フォトウォーク2013 その1←今ここ
春の谷中の路地裏には緑と花がいっぱい! 春の谷中フォトウォーク2013 その2
谷中のHAGISOでの昼食と千駄木の新緑の須藤公園 春の谷中フォトウォーク2013 その3
千駄木に残る大正ロマン溢れるお屋敷の旧安田楠雄邸を見学する 春の谷中フォトウォーク2013 その4
千駄木の旧安田邸に残る松坂屋印のツンドラ冷蔵庫 春の谷中フォトウォーク2013 その5
旧安田邸のお屋敷の中で大正・昭和に想いを馳せる 春の谷中フォトウォーク2013 その6
花に囲まれた谷中と千駄木の境にあるへび道を歩く 春の谷中フォトウォーク2013 その7
根津神社のつつじまつりで満開のツツジを愛でる 春の谷中フォトウォーク2013 その8
根津と谷中の路地裏を歩いてフォトウォークを終える 春の谷中フォトウォーク2013 その9

Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G AFSDX35 1.8G
by カエレバ

 

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録