伊東温泉に行くならば木造三階建ての東海館にあるカフェとローマ風の温泉がお勧め! 『冬の青春18きっぷの旅 伊東温泉編』 その12 #αアンバサダーモニター

スポンサーリンク

この記事はαアンバサダープログラムのモニター企画でα6000(ILCE-6000L)を借りて撮影した写真で構成されています。

冬の青春18きっぷを使って静岡県の伊東温泉にやってきました。
今回は昭和3年創業で、現在は伊東市の施設となっている東海館の建物内部の様子を紹介します。
東海館は伊東の街の中でも一際目立つ存在です。

冬の青春18きっぷの旅 伊東編 2016年1月10日

木造3階建ての建物は偉容はいつ見ても圧巻です。
こちらが入り口です。

冬の青春18きっぷの旅 伊東編 2016年1月10日

Sponsored Link

「温泉旅館」と玄関に書かれていますが、現在は旅館としての営業は行っておりません。

冬の青春18きっぷの旅 伊東編 2016年1月10日

温泉利用は土日祝日のみですが、カフェの利用と館内見学はいつでも可能です(毎月第三火曜日が休館日(祝祭日の場合は翌日休館))。
料金は大人一人200円です。
昭和初期の温泉旅館がどんな造りなのか実際に目にすることができるのは楽しみです。

それでは館内見学をスタートさせましょう。
まずは東海館の法被から。

冬の青春18きっぷの旅 伊東編 2016年1月10日

このハッピを着て旗を持った人が伊東の駅前でお客さんを出迎えていたんだろうなということが想像できますね。
旅館について受付を済ませたら、このような2階の部屋に案内されたのでしょう。

冬の青春18きっぷの旅 伊東編 2016年1月10日

窓際には椅子とテーブルがあるというノーマルなスタイルですね。

冬の青春18きっぷの旅 伊東編 2016年1月10日

目の前を流れているのは松川です。
おそらくここはそんなにお値段がしなかった部屋ではないかと思います。
そんなに装飾はありませんしね。

別の部屋を見てみましょう。

冬の青春18きっぷの旅 伊東編 2016年1月10日

こちらは先程の部屋よりも格調が高いのが素人でもわかります。
寝室もちゃんと分かれていました。

冬の青春18きっぷの旅 伊東編 2016年1月10日

部屋の格式が高いと、窓の障子部分に様々な意匠が凝らされているようです。
これは網?

冬の青春18きっぷの旅 伊東編 2016年1月10日

こちらは船ですよね。

冬の青春18きっぷの旅 伊東編 2016年1月10日

廊下に出てみると、丸窓があったりします。

冬の青春18きっぷの旅 伊東編 2016年1月10日

今度は3階に行ってみます。
3階には客室もありますが、大広間もあります。

冬の青春18きっぷの旅 伊東編 2016年1月10日

ここではきっと大宴会が催されていたのでしょうね。

冬の青春18きっぷの旅 伊東編 2016年1月10日

ちなみに、この大広間には着物が用意されているので、これを着て金屏風の前で記念撮影ができるようでした。

この3階のさらに上には望楼があります。
いわゆる展望台ですね。
外から見るとこんな感じです。

冬の青春18きっぷの旅 伊東編 2016年1月10日

この望楼にも自由に立ち入ることができるのですよ。
望楼内はそんなに広くはありませんが、四方を見渡すことができるようになっていたようです。

冬の青春18きっぷの旅 伊東編 2016年1月10日

現在では周囲に高い建物ができているので、そんなに遠くの景色まで見えるというわけではないけれども、昭和初期であればこの東海館がきっと伊東で一番高い建物で、みごとな眺望だったのだろうなと想像できます。

冬の青春18きっぷの旅 伊東編 2016年1月10日

今ではビルの隙間からかろうじて海が見えるくらいですね。

冬の青春18きっぷの旅 伊東編 2016年1月10日

こんな感じで東海館内を見学することができるわけですが、これが200円で見られちゃうなんてかなりお得だと思います。
伊東に行くならぜひ東海館の見学を旅行プランに入れてみてください。
時間に余裕があったら温泉とカフェもお薦めですよ。

今回紹介した東海館についての詳細はこちらから。
東海館 | 伊東観光協会オフィシャルサイト

場所はここらへんです。

次回はこの旅レポートの最終回です。
まといのうなぎを紹介します。
続く。

冬の青春18きっぷの旅 伊東温泉編の旅
富士山や青い海を楽しめる東海道本線と伊東線の車窓風景 『冬の青春18きっぷの旅 伊東温泉編』 その1 #αアンバサダーモニター
伊東の路地裏散歩で花と温泉とレトロな看板に出会う 『冬の青春18きっぷの旅 伊東温泉編』 その2 #αアンバサダーモニター
伊東で金目鯛を食べるならここ!魚楽亭の金目鯛定食が最高に美味しい! 『冬の青春18きっぷの旅 伊東温泉編』 その3 #αアンバサダーモニター
伊東で出会ったネコたち 海と魚と温泉の町にはネコがたくさんいる! 『冬の青春18きっぷの旅 伊東温泉編』 その4 #αアンバサダーモニター
意外な程お安く宿泊できる温泉宿、伊東温泉の大東館の部屋を紹介 『冬の青春18きっぷの旅 伊東温泉編』 その5 #αアンバサダーモニター
伊東温泉の大東館にある3つの貸切風呂は全部無料!写真付きで紹介しますよ 『冬の青春18きっぷの旅 伊東温泉編』 その6 #αアンバサダーモニター
伊東での夕食は小料理屋の大海でボリューム満点の地鯵フライ定食と海鮮丼 『冬の青春18きっぷの旅 伊東温泉編』 その7 #αアンバサダーモニター
伊東の町中にある7つの公衆浴場のひとつ、布袋尊の湯の貸切風呂に入ってみた 『冬の青春18きっぷの旅 伊東温泉編』 その8 #αアンバサダーモニター
格安温泉宿の伊東の大東館だけど、朝食は侮りがたし 『冬の青春18きっぷの旅 伊東温泉編』 その9 #αアンバサダーモニター
1月10日に桜を見て、「いとうの日」のイベントを楽しむ 『冬の青春18きっぷの旅 伊東温泉編』 その10 #αアンバサダーモニター
伊東温泉に行くならば木造三階建ての東海館にあるカフェとローマ風の温泉がお勧め! 『冬の青春18きっぷの旅 伊東温泉編』 その11 #αアンバサダーモニター
東海館の館内を見学して昭和初期の温泉旅館の雰囲気を体感しよう!望楼にも上れるよ 『冬の青春18きっぷの旅 伊東温泉編』 その12 #αアンバサダーモニター←今ここ
伊東でちょっとぜいたくな食事をしたいならうなぎのまといがお勧め!うな重とまぶし丼の両方とも美味しいよ 『冬の青春18きっぷの旅 伊東温泉編』 その13(最終回) #αアンバサダーモニター

今回の旅の撮影機材はこちらです。

ソニー α6000 パワーズームレンズキット ブラック
by カエレバ

 

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録