湯河原で坦々やきそばを堪能する 冬の青春18きっぷの旅 その24

スポンサーリンク

冬の青春18きっぷは昨年の12月10日から1月20日までが使用期限でした。
今回の18きっぷでは、猛吹雪の上越線土合駅に降り立ったり、只見線の日帰り旅行をしたり、茨城県のひたちなか海浜鉄道に乗ったりしたきました。
そして今回のレポートで冬の18きっぷを使い切ることになります。
今回の目的地は、神奈川県の湯河原。
今までは列車に乗りっぱなしだったり、大雪だったりという過酷な旅でしたが、今回は東京から程近い場所で余裕のある旅となりました。

まずは東京駅から熱海行きの東海道本線普通列車に乗り込むわけですが、かなりの本数が出ているので特に時刻表で調べてから行かなくても問題なしです。
ぷらっと東京駅まで行っても15分も待たずにすぐに列車に乗ることができます。
東京から湯河原までは約1時間40分。
都会を走るので車窓はそんなにおもしろくはありませんが、小田原前後になると海が見えたり、山が見えたりで変化が出てきて楽しくなります。
小田原駅では小田原城もちょこっと見ることができましたよ。
そんな風景を見ているうちにあっという間に湯河原着です。

お昼前に到着したのでまずは駅前で昼食をとることにしました。
改札を出てみると何やらたくさんの幟が立っており、そこには「坦々やきそば」と書かれています。
どうやら最近のまちおこし企画として生まれた新しい名物がこの坦々焼きそばのようです。
さっそく近くの中華料理屋さんに入って注文してみました。

かなり辛い!でもおいしい!
汗だくになりながら食してきました。
お店によってはテイクアウトもしてくれるので、帰りにかって車内で食べるというのもいいかもしれません。

今回の旅の目的は湯河原温泉に行くことなのですが、温泉地へは駅からバスに乗ればすぐにたどり着きます。
しかし、簡単に目的地に到着してしまっては面白くないので徒歩で行くことにしました。
茨城県の袋田の滝に行ったときもそうだったのですが、バスに乗らないおかげで色々な発見をすることができたのですよ。
その話はまた次回。

冬の青春18きっぷ「湯河原の旅」まとめ
湯河原で坦々やきそばを堪能する 冬の青春18きっぷの旅 その24←今ここ
湯河原の五所神社にある大木 冬の青春18きっぷの旅 その25
湯河原にある西村京太郎記念館 冬の青春18きっぷの旅 その26
トイレと廃墟とお猿の親子 冬の青春18きっぷの旅 その27
湯河原温泉街の射的屋さん 冬の青春18きっぷの旅 その28
湯河原温泉の独歩の湯で足湯三昧 冬の青春18きっぷの旅 その29

写真はNikon D40xで撮影したものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録