赤岩ー庭坂間のひと駅散歩もついにゴール! 夏の青春18きっぷの旅第2弾 その7

スポンサーリンク

青春18きっぷの旅での鉄道に乗り続けているわけでもなく他にもちゃんとイベントを入れています(笑)
今回のイベントは奥羽本線赤岩駅から庭坂駅までのひと駅散歩。
ただ、都内のひと駅区間とは違って鉄道路線だけでも7.7kmで、実際に徒歩で行くとなると山の中の道を歩くのでその倍くらいには距離があるかもしれません。
そんな過酷なひと駅散歩もいよいよ佳境に入ってきました。

真夏の空の下、ひまわりがすくっと立っている風景を見ると一瞬暑さを忘れますが、実際には炎天下で直射日光を浴びているのでかなり体力は消耗しています。

でもゴールはきっともうすぐなので頑張って歩いて行くと、橋の上からきれいな景色を見ることができました。

この川は赤岩駅のすぐ下を流れていた川で、右側に見える山のさらに向こうに本日のスタート地点があるはずです。
見えないけどね(笑)
ここでおにぎりを食べてエネルギー補給した後はラストスパートです。
庭坂の町は古い建物がたくさん残る町で、あちこちに立派な木造家屋や蔵などがあります。
その中でも僕が一番気になったのがことらの土塀の蔵。

ほんのちょっと崩壊しかけている部分があったけどまだまだ現役です。
もうひとつ気になった物件がこちら。

なぜか運転席の上部部屋だけが切り取られたトラック。
何のためにこういう形にして、なぜここに放置されているのだろう?
疑問だけが残ります。

庭坂の駅近くには踏切があり、そこにちょうど新幹線が!

新幹線が踏切を通るというのは実にシュールな風景ですが、ここでは日常です。
そしてついにゴール!

こちらが奥羽本線庭坂駅です。
赤岩駅を8:40に出発して、ここに到着したのが12:10。
実に3時間半のひと駅散歩でした。
実際には写真を撮りながら歩いているので、脇目も振らずにひらすら歩けばもっと時間は短縮できたかもしれません。
でも熊に襲われるのではないかという恐怖心や山の中での圧倒的孤独感と闘いながら充実した時間だったのは間違いありません。
18きっぷの旅でもこういう馬鹿なイベントを盛り込んでみるのもきっと面白いはず。
たぶん・・・

さて、次の列車が来るまでしばらく庭坂駅で休憩することにしましょう。

夏の青春18きっぷの旅第2弾まとめ
上野発東北本線始発列車に乗って仙台へ 夏の青春18きっぷの旅第2弾 その1
緑と水に囲まれた仙山線面白山高原駅で途中下車 夏の青春18きっぷの旅第2弾 その2
のんびりまったりゆっくりと左沢線に乗車 夏の青春18きっぷの旅第2弾 その3
奥羽本線峠駅のスイッチバック跡を見学する 夏の青春18きっぷの旅第2弾 その4
奥羽本線赤岩駅から庭坂駅までのひと駅散歩開始 夏の青春18きっぷの旅第2弾 その5
山中の孤独感から解放される湧き水のトッチ水と桃の自動販売機 夏の青春18きっぷの旅第2弾 その6
赤岩ー庭坂間のひと駅散歩もついにゴール! 夏の青春18きっぷの旅第2弾 その7←今ここ
奥羽本線板谷駅のスイッチバック跡を堪能する 夏の青春18きっぷの旅第2弾 その8
宇都宮で餃子を食べて上野へと帰る(シリーズファイナル) 夏の青春18きっぷの旅第2弾 その9

写真はNikon D40xで撮影したものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です