日光連山をバックに両毛線とわたらせ渓谷鐵道を撮影する 冬の青春18きっぷで行く両毛線の旅 その6

スポンサーリンク

12月27日。
上毛電鉄沿線を歩いているとこのような踏切がたくさんありました。

人ひとりがやっと通れるくらいに入り口がすぼめてあります。
これだと保守管理が楽でしょうね。

仏具屋さんの錆びついた広告。

酒屋さんの杉玉。

山の斜面の南側に密集した町。

その向こうには足尾や日光の山々。

こんな景色をバックに鉄道を撮影したいと思い、さらに歩きに歩いてたどりつきました。
両毛線やわたらせ渓谷鐵道が走る鉄橋を撮影できるポイントに。
まずは両毛線を横位置で。

次にわたらせ渓谷鐵道を縦位置で。

今回持っていったレンズはNikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRのみだったので、望遠レンズを持っていけばよかったと思いっきり後悔しました。
どんな景色が待っているかわからないので、重たくてもレンズはちゃんと持っていかないとダメですね。

最後に桐生の町中で見つけた井戸ポンプです。

桐生の路地裏にはこういう井戸ポンプがありそうなので、今度は桐生の町中もじっくり歩こうと思います。
次回は再び両毛線の旅に戻ります。

両毛線の旅まとめ
憧れの岩舟駅で途中下車する 冬の青春18きっぷで行く両毛線の旅 その1
桐生の歴史的町並み散策のその先に… 冬の青春18きっぷで行く両毛線の旅 その2
上毛電鉄西桐生駅の駅舎 冬の青春18きっぷで行く両毛線の旅 その3
上毛電鉄をがっつり撮影する 冬の青春18きっぷで行く両毛線の旅 その4
上毛電鉄富士山下駅付近で「井戸と鉄道」写真を撮影する 冬の青春18きっぷで行く両毛線の旅 その5
日光連山をバックに両毛線とわたらせ渓谷鐵道を撮影する 冬の青春18きっぷで行く両毛線の旅 その6←今ここ
前橋で再び上毛電鉄を撮影する 冬の青春18きっぷで行く両毛線の旅 その7
日没前後の八高線に乗車する 冬の青春18きっぷで行く両毛線の旅 その8

写真はNikon D90Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影しました。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録