前橋で再び上毛電鉄を撮影する 冬の青春18きっぷで行く両毛線の旅 その7

スポンサーリンク

12月27日。
12:30、桐生発高崎行き両毛線普通列車に乗車。
13:03、前橋着。
桐生から前橋に来るならば上毛電鉄という選択肢もあったわけですが、この旅は青春18きっぷの旅なのでJRでの移動にしました。
前橋駅前でレンタサイクルを借りて少し町を見ていくことにしましょう。
今回の相棒はこちらです。

駅前すぐのところにある赤レンガの倉庫の前で撮影しました。

何棟もこの赤レンガ倉庫が並んでいてなかなか立派でしたよ。
この自転車で向かった先は上毛電鉄の中央前橋駅です。

もう一端の終点である西桐生駅は昔ながらの渋い駅舎ですが、この中央前橋駅は近代的なデザインの駅舎でした。
この駅舎のすぐ横に昭和の香り漂うビルがあったりするのが素敵です。

前橋でもまた上毛電鉄の撮影を時間が許す限りしてきました。
まずは中央前橋駅に停車中の車両から。

駅の横に川が流れています。
このような水がある風景の中に鉄道があるというのが僕の好きな景色です。

桐生では沿線を歩いてまわったのでやたらと時間がかかりましたが、前橋では自転車があるので移動も全く苦になりません。
ひと駅移動して、城東駅の踏切でパチリ。

もう少し移動し、城東駅と三俣駅の間で線路がカーブするポイントがあったので、そこで車両の顔を狙ってみました。

自転車で走りまわってすっかり体が冷え切ってしまったので、途中で目をつけた温泉に行こうと思います。

まえばし駅前天然温泉 ゆ~ゆです。
入浴料は大人600円。
タオルを持ってきていなくてもレンタルタオルがあるので安心です。
泉質はナトリウムで、体がよく温まるということで、実際に入浴してみると、外に出てからもしばらく体がぽっぽと温かなままでした。
なかなかいい温泉でしたよ。

駅前でレンタサイクルを返却して、15:26、前橋発高崎行き両毛線に乗車。
15:41、高崎着。
これにて両毛線の旅は終了となりました。

高崎からはまっすぐ高崎線で上野に戻ってもいいのですが、まだ日没までに時間もあるので、八高線に乗ってみようと思います。
八高線の高崎から高麗川までは未乗区間でもあるのですよ。
ということで、次回はおまけの八高線の旅になります。

両毛線の旅まとめ
憧れの岩舟駅で途中下車する 冬の青春18きっぷで行く両毛線の旅 その1
桐生の歴史的町並み散策のその先に… 冬の青春18きっぷで行く両毛線の旅 その2
上毛電鉄西桐生駅の駅舎 冬の青春18きっぷで行く両毛線の旅 その3
上毛電鉄をがっつり撮影する 冬の青春18きっぷで行く両毛線の旅 その4
上毛電鉄富士山下駅付近で「井戸と鉄道」写真を撮影する 冬の青春18きっぷで行く両毛線の旅 その5
日光連山をバックに両毛線とわたらせ渓谷鐵道を撮影する 冬の青春18きっぷで行く両毛線の旅 その6
前橋で再び上毛電鉄を撮影する 冬の青春18きっぷで行く両毛線の旅 その7←今ここ
日没前後の八高線に乗車する 冬の青春18きっぷで行く両毛線の旅 その8

写真はNikon D90Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影しました。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録