大正時代に建てられた洋館風の建物にあるカフェ エレバートでコーヒー休憩をする 『川越路地裏散歩2014』 その5

スポンサーリンク

2月3日。
冬の川越をぶらりと散歩してきました。
蔵がたくさん残るメインストリートに入ったところで気になるお店が目に入りました。

川越散策 walking in Kawagoe 2014年2月3日

川越アートカフェ エレバートです。
建物の外観は洋館のようです。

川越散策 walking in Kawagoe 2014年2月3日

一番上部には「田中屋」という表記がありますね。
大正4年(1925年)築の建物で、かつては銃や自動車の販売を行っていたお店だったそうです。
その後田中屋美術館として持ち主の田中氏のコレクションを展示して、現在はこのカフェ エレヴァートに生まれ変わっています。
今回はコーヒーを頂いてきました。

川越散策 walking in Kawagoe 2014年2月3日

1階にはカウンターなどの席があってちょっと賑やかな感じで、2階は静かで落ち着いた印象です。
僕は2階席に座りました。
ちょうど僕が座ったテーブルには古いレジ(?)が展示されていました。

川越散策 walking in Kawagoe 2014年2月3日

こんなレトロなものがさらっと置いてある素敵な空間なのですよ。
ちなみに、コーヒーだけでなくCOEDOという地ビールも置いてあるのでお酒好きな方は一杯飲んでから川越散歩をするってのもいいかもしれませんね。
COEDO

川越散策 walking in Kawagoe 2014年2月3日

ひと休憩してから古い木造家屋や蔵が残る通りを歩くことにしましょう。

川越散策 walking in Kawagoe 2014年2月3日

どこを見ても素晴らしい建物ばかりなので全部撮影していると時間が全くもって足りません。

川越散策 walking in Kawagoe 2014年2月3日

おみやげ屋さんやお菓子屋さんなどがたくさんあるのでひとつひとつ見て行きたくなりもします。

川越散策 walking in Kawagoe 2014年2月3日

でも日没までもう少しになってしまったのでちょっと早足で歩くことにしました。
次回はこの川越散歩レポートの最終回になります。
続く。

川越は毎年散歩をしていまして、過去の散歩記もぜひ御覧ください。
埼玉県の川越を初めて散策する 冬の川越散策 その1(とくとみぶろぐ)
猫カフェの猫家川越店でかわいいネコたちをミラーレスカメラのNikon1 J1でたっぷりと撮影してきた!(とくとみぶろぐ)
丸広百貨店川越店の屋上遊園地わんぱくランドにある観覧車に乗ってきた(とくとみぶろぐ)

「川越路地裏散歩2014」まとめ
1000年の歴史を誇る川越八幡宮 『川越路地裏散歩2014』 その1
400年近い歴史を誇る仙波東照宮 『川越路地裏散歩2014』 その2
だるまさんがたくさんいた喜多院境内をたっぷり歩いてみる 『川越路地裏散歩2014』 その3
川越の路地裏で出会った警戒心の強いネコ 『川越路地裏散歩2014』 その4
大正時代に建てられた洋館風の建物にあるカフェ エレバートでコーヒー休憩をする 『川越路地裏散歩2014』 その5←今ここ
日没前後の川越の町の風景 『川越路地裏散歩2014』 その6(最終回)

写真はNikon D7000+Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G AFSDX35 1.8Gで撮影したものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で

似たテーマの記事はこちら

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録