赤城の山を望む養寿寺にある国定忠治の墓を見るために国定駅で下車 『夏の青春18きっぷの旅 両毛線編』 その6

スポンサーリンク

8月4日。
夏の青春18きっぷの旅を使って両毛線の旅をしてきました。
前回までは岩舟駅周辺の景色を紹介しました。
その岩舟駅から115系電車に乗って、今度は国定駅で下車します。

夏の青春18きっぷ 両毛線の旅 2014年8月4日

この角度、新鮮(笑)
両毛線は単線なので、国定駅では上下線の交換があり、ちょっと長めの停車をしていました。

夏の青春18きっぷ 両毛線の旅 2014年8月4日

おかげで何カットか撮影することができました。

夏の青春18きっぷ 両毛線の旅 2014年8月4日

この国定駅は駅舎が渋くてとても素敵な感じでした。

夏の青春18きっぷ 両毛線の旅 2014年8月4日

こういう昔ながらの駅舎は何だかほっとします。
ホーム側からも見てみましょう。

夏の青春18きっぷ 両毛線の旅 2014年8月4日

駅前にはひまわり畑もあるのですよ。

夏の青春18きっぷ 両毛線の旅 2014年8月4日

こういう夏らしい演出っていいですよね。
旅人だけでなく、地元の人の目も楽しませていることでしょうね。

この国定駅で下車したのはTwitterで国定忠治の墓が駅の近くにあるということを教えていただいたからです。

夏の青春18きっぷ 両毛線の旅 2014年8月4日

尋常でない暑さの中てくてく歩いていきます。
こちらが国定忠治が眠る養寿寺です。

夏の青春18きっぷ 両毛線の旅 2014年8月4日

境内には国定忠治遺品館もありますが、この日は休館のようでした。

夏の青春18きっぷ 両毛線の旅 2014年8月4日

境内を歩いてもこちらに国定忠治の墓がありますというような案内はないので勘で歩いていると、ありました。

夏の青春18きっぷ 両毛線の旅 2014年8月4日

赤城の山が望める場所にその墓石ががありました。

また暑さの中駅へと戻ります。
その途中の公園でこんな夏っぽい景色に出会いました。

夏の青春18きっぷ 両毛線の旅 2014年8月4日

空が青かったらなおよかったのですが、それでも十分夏らしさを感じさせてくれるのではないでしょうか。

さあ、国定駅から再び両毛線に乗り込みます。
次に乗り込む高崎行きの電車はまた115系でした。

夏の青春18きっぷ 両毛線の旅 2014年8月4日

次はこの旅の最終途中下車駅である前橋向かいます。
その話はまた次回。

国定忠治の墓はここらへんにあります。

夏の青春18きっぷの旅 両毛線編まとめ
新海誠作品の「秒速5センチメートル」の舞台となった両毛線岩舟駅へ 『夏の青春18きっぷの旅 両毛線編』 その1
両毛線岩舟駅馬を歩き始めてすぐに井戸ポンプを発見する! 『夏の青春18きっぷの旅 両毛線編』 その2
両毛線岩舟駅近くにあるこまば亭で熱い鴨汁そばを食べる! 『夏の青春18きっぷの旅 両毛線編』 その3
岩舟路地裏散歩 花と仏像とネコと田んぼ 『夏の青春18きっぷの旅 両毛線編』 その4
両毛線岩舟駅近くの線路際にある石造りの素敵な建物 『夏の青春18きっぷの旅 両毛線編』 その5
赤城の山を望む養寿寺にある国定忠治の墓を見るために国定駅で下車 『夏の青春18きっぷの旅 両毛線編』 その6←今ここ
前橋の西側にある静かな町、紅雲町を歩く 『夏の青春18きっぷの旅 両毛線編』 その7
中央前橋駅から前橋駅まで床が木のバスに乗る 『夏の青春18きっぷの旅 両毛線編』 その8(最終回)

写真はNikon D7000+Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G AFSDX35 1.8Gで撮影し、SILKYPIX Developer Studio Pro6で現像しました。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で

似たテーマの記事はこちら

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録