写真 旅日記 鉄道 青森旅行

竜飛海底駅で青函トンネル見学 夏の青森・函館旅行2008 その9

投稿日:

とくとみぶろぐ


スポンサーリンク


夏の青森・函館旅行2008の4日目の午後、ついに竜飛海底駅の青函トンネル見学に行ってきました!

この竜飛海底駅に行くには今ではかなり難しく、1日3本あるコースから1つを選ばなくてはいけないのです。

そのルートはこちら(2008年9月現在)。

竜飛1コース
函館 10:40
↓  白鳥18号
竜飛海底 11:48
(見学2時間11分)
竜飛海底 13:59
↓  スーパー白鳥22号
青森 14:45

竜飛2コース
青森 11:56
↓  白鳥3号
竜飛海底 12:44
(見学3時間34分)
竜飛海底 16:18
↓  白鳥15号
函館 17:33

竜飛3コース
函館 12:53
↓  スーパー白鳥22号
竜飛海底 13:58
(見学2時間20分)
竜飛海底 16:18
↓  白鳥15号
函館 17:33

詳細はこちらから。

竜飛海底駅見学のご案内

僕の場合、函館に宿泊していて、見学後も函館に帰りたかったので必然的に竜飛3コースの選択となりました。

まずスーパー白鳥で竜飛海底駅に到着すると、案内人の方がホームで待っていて、見学者を見学コースに連れて行きます。

送信者 080819hakodate

ホームはものすごく狭いので、見学者をとにかく早く電車から離れさせようとするので写真を撮る暇はありません。

かろうじて撮った1枚。

送信者 080819hakodate

向こうにスーパー白鳥の車両が写っているのがわかると思います。

見学コースはかなり歩きますが、荷物はここに預けることができますよ。

送信者 080819hakodate

荷物を預けた後はかなり歩いて、ケーブルカーの駅に行きます。

送信者 080819hakodate

これに乗って地上へと上がっていきました。

車内はこんな感じ。

送信者 080819hakodate

元々トンネル工事の作業用だったので乗り心地はあまりよくなく揺れもかなり激しいです。

でもそれがトンネルという非日常的空間にいるのだという気にさせてくれて、だんだんと気分は高揚してきたものです。

地上駅は青函トンネル記念館駅です。

送信者 080819hakodate

ここで見学者は自由行動になります。

記念館の中を見て回ってもいいし、外に出てもいいのです。

僕は迷わず外に出て、竜飛岬に行ってきました。

送信者 080819hakodate

去年もここに来たんだけど、本州最果ての地という感じがするので何度でも来たい場所なのです。

去年はものすごくいい天気で北海道まで見渡せたのだけれども、今年はあいにくの曇り空です。

なんとなく見えた気がしたけど気のせいかもしれないなあ。

集合時間になったので、集合場所に行き、また全体での行動になります。

記念館からまたケーブルカーに乗って地下に降りて、体験坑道を見学します。

ケーブルカーが地下に降りていく様子は携帯電話F905iで撮影し、YouTubeに動画をアップしたのでご覧下さい。

音と扉が近未来間を演出してくれていると思いますよ。

体験坑道は作業で使われた実物のトロッコや道具が展示されていました。

送信者 080819hakodate
送信者 080819hakodate
送信者 080819hakodate

足尾銅山のトンネルとは違って、やはり近代的工法を使っているのでスケールがでかいです。

竜宮水族館というものもあったけど、魚はいません。

送信者 080819hakodate

どうも水が魚に合わないようで、すぐに死んでしまったそうです。

物悲しさだけが残った遺構でした。

体験坑道見学後は竜飛海底駅のホームへ。

送信者 080819hakodate

今度は割りと余裕を持って撮影することができました。

そしていよいよ特急白鳥入線。

送信者 080819hakodate

こう見るとホームの狭さがよくわかると思います。

ただいま新青森ー新函館間の新幹線工事が進んでおり、この青函トンネルも新幹線が通ることになります。

そうなると竜飛海底の見学はできなくなるかもしれないという噂があるので、青森・函館に行ったときには今のうちに見学に行くことをお勧めします。

竜飛海底見学の詳細はこちらから。

竜飛海底駅見学のご案内

4日目の鉄道のまとめ。

函館 8:30
↓  スーパー北斗3号
大沼公園 8:49

大沼公園 10:50
↓  北斗4号
函館 11:12

函館 12:53
↓  スーパー白鳥22号
竜飛海底 13:58

竜飛海底 16:18
↓  白鳥15号
函館 17:33

夏の青森・函館旅行2008の記事一覧
青森・函館フリーきっぷを使って 上野から青森へ 夏の青森・函館旅行2008 その1
青森市内観光 夏の青森・函館旅行2008 その2
リゾートしらかみとその美しすぎる車窓から 夏の青森・函館旅行2008 その3
十二湖の青池と沸壷の池を撮影 夏の青森・函館旅行2008 その4
青函トンネルを通って青森駅から函館駅へ! 夏の青森・函館旅行2008 その5
ティーショップ夕日などの函館市内お勧めポイント 夏の青森・函館旅行2008 その6
函館山から函館市内の夜景を撮影 夏の青森・函館旅行2008 その7
特急スーパー北斗からの前面展望動画と大沼公園 夏の青森・函館旅行2008 その8
竜飛海底駅で青函トンネル見学 夏の青森・函館旅行2008 その9←今ここ
青森・函館フリーきっぷを使い倒して大満足の帰路へ 夏の青森・函館旅行2008 その10

2007年の青森旅行の話

写真はNikon D40xで撮影したものです。


この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
とくとみぶろぐ内関連記事


この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール


トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録

-写真, 旅日記, 鉄道, 青森旅行
-, , , , , , , , ,

とくとみ
徳富政樹(とくとみ)
Nikon D750とNikon 1 J5で旅先や東京の様々な風景を撮影しています。撮影テーマは「東京路地裏散歩」「Tokyo Train Story」。ネコや井戸ポンプなどの下町風景が大好き。第2回、第5回タムロン鉄道風景コンテストで佳作に入賞。写真使用に関するお問い合せ、サイト内への広告掲載、記事広告、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談はこちらからお願いします。


 

詳細プロフィール
旅の全記録
お問い合わせ
Flickr
東京からの日帰り青春18きっぷ活用ガイド新着情報
とくとみのtwitter

とくとみぶろぐFacebook
ページ

とくとみのFacebook
とくとみのInstagram

鉄道コム

RSSフィード

とくとみぶろぐでは市川ソフトラボラトリーからSILKYPIXを無償提供されてRAW現像を行っております。
silkypix

フィードメーター - とくとみぶろぐ

とくとみぶろぐ内の記事検索にお使いください。

​​タイ国政府観光局とタイ国際航空のメディア・ブロガーツアーに参加しました!
タイへ行こう!

ウェアラブル翻訳デバイスのiliを相棒に2泊3日で上海を旅しました!
iliと行く上海

チェコ政府観光局とLinkトラベラーズの企画でチェコへ招待されました!
チェコへ行こう!

魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記2016 全30話の旅日記です。

東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」で神津島へ行ってきました!全32話の旅日記です。

ANAと旅マガジン「Linkトラベラーズ」の企画でドイツに行ってきました。全51話の旅日記です。

プレス向けのツアーで早春の伊豆へ!全11話の旅日記です。

熊本県を鉄道で旅しよう!全41話の旅日記です。

広島デスティネーションキャンペーンで広島県内を巡ってきた全30話の旅日記です。

スパリゾートハワイアンズでフラガールを見てきた全16話の旅日記です。

おくなわ 離島ガイド・プロジェクトで沖縄県の渡名喜島に行ってきた全28話の旅日記です。

写真使用に関するお問い合せ、記事広告、サイト内への広告掲載、商品レビュー依頼、取材依頼、旅レポートなどのご相談は下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム