かつて北海道の大地を走っていたひたちなか海浜鉄道湊線のキハ22 冬の青春18きっぷの旅 その9

スポンサーリンク

冬の青春18きっぷの2回目の旅は、常磐線で上野から勝田へとやって来ました。

勝田からはローカル私鉄のひたちなか海浜鉄道湊線に乗りことにします。

9:22発の列車が勝田駅のホームへと入ってきたので、まずは観察してみます。

たった1両の単行なのでローカル線という雰囲気がびしびし伝わってきますが、塗装が今風なので新しい車両なのかと思いきや。

車体横にある形式番号はなんと手書きで「キハ223」。

痛みもだいぶ目立ちます。

サボもいい雰囲気です。

でも会社のロゴは真新しく新鮮な感じがします。

車両の中に入ってみると、

おー!床が木!

これでかなり古い車両ということが想像できます。

ドアの近くがロングシートで車両中央がクロスシートとなっています。

車両の一番前に行ってみると、こんあ張り紙がありました。

古いだろうと思っていたけど、1966年製なのでそこまで古くはありません。

でもかつて北海道の大地を走っていたということで雪国仕様なのだということがわかり、さらに理解が深まった気がします。

次回、この列車に乗って、阿字ヶ浦駅へと向かいます。

冬の青春18きっぷ「茨城の旅」まとめ
茨城県のローカル私鉄、ひたちなか海浜鉄道に乗車するため勝田へ 冬の青春18きっぷの旅 その8
かつて北海道の大地を走っていたひたちなか海浜鉄道湊線のキハ22 冬の青春18きっぷの旅 その9←今ここ
ひたちなか海浜鉄道湊線乗車雑感 冬の青春18きっぷの旅 その10
ひたちなか海浜鉄道湊線の終着駅、阿字ヶ浦駅の長大ホームと給水塔 冬の青春18きっぷの旅 その11
ひたちなか海浜鉄道湊線の終着駅、阿字ヶ浦駅の哀愁あふれる駅舎 冬の青春18きっぷの旅 その12
水郡線で水戸から袋田へ 冬の青春18きっぷの旅 その13
井戸や学校など見所満載の袋田の滝への徒歩行 冬の青春18きっぷの旅 その14
トンネルを通るとそこは袋田の滝だった! 冬の青春18きっぷの旅 その15
袋田の滝の新観瀑台からの眺めは本当にいいのだろうか!? 冬の青春18きっぷの旅 その16
袋田駅から水郡線で安積永盛に出て東北本線で上野へ 冬の青春18きっぷの旅 その17

写真はNikon D40xで撮影したものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録