和歌山電鉄貴志川線のいちご電車に乗る! 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その2

スポンサーリンク

和歌山電鉄貴志川線は和歌山駅と貴志駅を結ぶ全長14.3kmの路線です。
全線を走る列車はほぼ30分毎で、その他に和歌山ー伊太祁曾間を結ぶ短区間の列車も走っており、その両者を合わせると和歌山発の列車は1時間に3本程となる時間帯もあり、重要な地域輸送を担っています。
ところが、この路線も廃止の危機に陥ったこともあり、その際に経営母体が南海電鉄から和歌山電鉄に変わったりもしました。
しかし地域輸送主体だった路線がひょんなことから観光路線へと変貌を遂げたのです。
そのきっかけとなったのが貴志駅に住みついた猫のたまです。
今ではスーパー駅長という肩書をもらい、和歌山から貴志へと訪れる観光客を出迎えてくれています。
さらに水戸岡鋭治さんデザインのたま電車、いちご電車、おもちゃ電車と次々にユニークな車両を導入し、たくさんの人がたまに会うため、そしてこれらの車両に乗るために訪れるという路線になっています。

さて青春18きっぷを使って、ムーンライトながら、新快速などを乗り継いで和歌山駅へとたどりついた僕は、和歌山電鉄の切符売り場へとやってきました。

こちらで大人650円の一日乗車券を購入し、まず乗る電車はいちご電車!

白を基調として、いちごの赤がポイントとして使われています。
車体の横には「いちご電車」とロゴが入っています。

日よけがすだれなのがわかりますか?
車内はもちろんいちごだらけ!

吊革もなかなかおしゃれなんですよ。
座席はロングシートが基本なのですが、連結部付近は観光向けにシートがアレンジされてテーブルも置かれています。

「いちご電車」というネーミングからちょっとバカにしていたところもあったのですが、乗ってみるとかなり楽しくなってしまう電車でしたよ。
思わずバシャバシャと撮影してしまい、いつものようにミラーを利用した自分撮りもしてきましたよ。

ちなみにこの車両は昭和47年製だそうです。
もう37歳の車両にはとても見えませんよね。
この列車に乗って、和歌山電鉄の終点貴志駅を目指します。

ぐるっと紀伊半島の旅まとめ
ムーンライトながらに初乗車! 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その1
和歌山電鉄貴志川線のいちご電車に乗る! 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その2←今ここ
スーパー駅長たまに会う! 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その3
和歌山電鉄のたま電車に乗ってきた! 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その4
木造駅舎の雰囲気がいい和歌山電鉄伊太祈曽駅 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その5
和歌山駅で様々な車両を楽しむ 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その6
キハ600形が引退間近の紀州鉄道 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その7
紀州鉄道西御坊ー日高川間の廃線跡巡り 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その8
紀州鉄道西御坊駅とその周辺の町並み 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その9
紀州鉄道を望むトレインビューホテル、ビジネスホテル紀の国に宿泊 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その10
山あり海ありの紀勢本線からの車窓を楽しむ 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その11
ローカルムード満天の紀勢本線東側の車窓風景 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その12
伊勢神宮を参拝してきた 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その13
多気ー鳥羽間の参宮線を乗りつぶす 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その14
絶景路線の名松線に乗車する 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その15
歴史的遺産が残る名松線伊勢奥津駅 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その16
名松線の復路でもタブレット交換を確認する 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その17
大府ー武豊間の武豊線に乗車する 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その18
旅の終わりはムーンライトながら 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その19

写真はNikon D40xで撮影したものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録