キハ600形が引退間近の紀州鉄道 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その7

スポンサーリンク

さて、ようやく紀伊半島をぐるっと周る紀勢本線の旅に入ります。
13:21、和歌山発御坊行き普通列車に乗車。

ブルドックのようなユーモラスな顔の車両でした。
外見は水色なのですが、車内は茶色を基調とした落ち着いた印象でした。

進行方向右側に湾が見えたり、巨大工場が見えたりしながら、14:23、御坊着。
実はこの御坊駅も本日の目的のひとつだったのです。
なぜなら、この御坊駅から西御坊駅までの2.7kmの区間を紀州鉄道が走っているからです。

車両は1両のレールバス。
形式はキタツー1。

紀州鉄道には御坊、学問、紀伊御坊、市役所前、西御坊と5つの駅があります。

この紀州鉄道には古いキハ600形という気動車があり、それがこの9月に引退となる話がありました。
今回の目的にはその車両を見てみるということも含まれていました。
後日わかったことですが、キハ600の引退は10月いっぱいになったそうです(最古級のディーゼル「惜別」の日は25日(読売新聞))。
しかし、キハ600の運行日は土日祝日。
僕が訪れたのは金曜日だったので走る姿を見ることができませんでした。

さて、御坊駅でキテツー1の撮影をして、時間が来たらこの車両に乗ろうかと思っていたら、何の前触れもなく発車していってしまいました・・・
一声かけてくれればいいのに。
御坊からはだいたい30分毎には発車するので、しばらく待ってれば列車は来るのだけど、なんだかじっとしていられなくて隣の学問駅まで歩いていくことに。
沿線はこんなのんびりとした田園風景が広がっていました。

学問駅に到着し、しばらく待っていたら御坊を発した列車がやってきました。

これから紀州鉄道の旅が始まります。
その話はまた次回。

ぐるっと紀伊半島の旅まとめ
ムーンライトながらに初乗車! 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その1
和歌山電鉄貴志川線のいちご電車に乗る! 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その2
スーパー駅長たまに会う! 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その3
和歌山電鉄のたま電車に乗ってきた! 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その4
木造駅舎の雰囲気がいい和歌山電鉄伊太祈曽駅 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その5
和歌山駅で様々な車両を楽しむ 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その6
キハ600形が引退間近の紀州鉄道 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その7←今ここ
紀州鉄道西御坊ー日高川間の廃線跡巡り 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その8
紀州鉄道西御坊駅とその周辺の町並み 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その9
紀州鉄道を望むトレインビューホテル、ビジネスホテル紀の国に宿泊 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その10
山あり海ありの紀勢本線からの車窓を楽しむ 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その11
ローカルムード満天の紀勢本線東側の車窓風景 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その12
伊勢神宮を参拝してきた 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その13
多気ー鳥羽間の参宮線を乗りつぶす 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その14
絶景路線の名松線に乗車する 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その15
歴史的遺産が残る名松線伊勢奥津駅 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その16
名松線の復路でもタブレット交換を確認する 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その17
大府ー武豊間の武豊線に乗車する 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その18
旅の終わりはムーンライトながら 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その19

写真はNikon D40xで撮影したものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録