鬼ヶ島に残る鬼の住処の洞窟を探検する 四国初上陸の旅 その12

スポンサーリンク

8月17日。
瀬戸内海に浮かぶ女木島、通称鬼ヶ島に上陸し、レンタサイクルで島の中心部にある山頂付近までやってきました。
そこからは徒歩で階段を上ると、そこには昭和の時代からすっかり取り残されたかのような売店がありました。

駄菓子、おもちゃなどが並ぶ中、鬼ヶ島らしくきびだんごも山積みされていました。
気になったのはお土産用の絵葉書がだいぶ色あせていたこと。
もう何年もこの場に置かれ続けているのでしょう。
救出してあげたい気もしましたが、やはりその勇気は出ませんでした。

この売店の先には鬼ヶ島内の最大の観光地である「鬼ヶ島 謎の洞窟」の入口があります。

中に入るとあまりの冷気にヒンヤリするどころか寒気すら感じてしまいます。
中は薄暗く霧が漂っているので視界も不自由です。

この洞窟は天然のものではなく、人の手で掘ったものだそうです。
そう、「鬼」と言われる人たちが。
この洞窟の中で鬼たちが生活をしていたとのことです。
こんな風に。

おどろおどろしい雰囲気から一点してギャグの世界に入ってきてしまったかのようです。
ここに桃太郎が乗り込んできて鬼を退治したわけですね。

人形のクオリティはともかく、人工の洞窟であるということにびっくりさせられた時間となりました。
ちなみに、オ二のラスボスはとにかくでかかったですよ。

洞窟を出て、さらに徒歩で山を上ると展望台に出ます。

下界には朝この島にやってきた時の港が見えます。

さらに向こうには高松の町もはっきりと見えます。
こんなに近い距離なのにこれだけ異界間たっぷりの島を楽しむことができるのですよ。

展望風景を楽しんでから一気に自転車で港へと下りていきました。
しばらく待つと高松へと戻るフェリーがやって来ました。

おばさんが自転車ごと乗船していきます。

11:20、女木港発。
11:40、高松港着。

船旅はこれで終了です。
午後は鉄旅に復帰しますよ。

四国初上陸の旅まとめ
サンライズ瀬戸で四国へ向けて出発進行! 四国初上陸の旅 その1
サンライズ瀬戸の車窓から日の出を見る 四国初上陸の旅 その2
サンライズ瀬戸で瀬戸大橋を渡って四国初上陸! 四国初上陸の旅 その3
スイッチバックが残る土讃線坪尻駅を訪問する 四国初上陸の旅 その4
山間の秘境駅、土讃線坪尻駅 四国初上陸の旅 その5
坪尻駅周辺で廃墟や通過する特急列車を撮影する 四国初上陸の旅 その6
785段の階段を上り金刀比羅宮を参拝する 四国初上陸の旅 その7
高松築港駅からことでんに初乗車する 四国初上陸の旅 その8
日本昔ばなしにも登場する鬼ヶ島へと上陸する 四国初上陸の旅 その9
鬼ヶ島での人々の生活 四国初上陸の旅 その10
鬼が島をぐるっと一周サイクリングして山の頂上に到達する 四国初上陸の旅 その11
鬼ヶ島に残る鬼の住処の洞窟を探検する 四国初上陸の旅 その12←今ここ
アンパンマン列車で高松から松山へ 四国初上陸の旅 その13
大手町のダイヤモンドクロスと郡中線松前駅訪問 四国初上陸の旅 その14
松山市駅で坊っちゃん列車の出発準備を見学する 四国初上陸の旅 その15
坊っちゃん列車で道後温泉へ 四国初上陸の旅 その16
瀬戸内海に沈み行く夕日を眺めることができるコスタ北条に宿泊する 四国初上陸の旅 その17
今治から大島までしまなみ海道をサイクリングする 四国初上陸の旅 その18
緑と青が溢れる大島サイクリング 四国初上陸の旅 その19
サヨナラしまなみ海道、サヨナラ四国 四国初上陸の旅 その20
岡山の路面電車にほんの少し乗車する 四国初上陸の旅 その21
あなごめしときびだんごを食べながら新幹線で帰京する 四国初上陸の旅 その22

写真はNikon D90Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影したものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事


この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録