岡山の路面電車にほんの少し乗車する 四国初上陸の旅 その21

スポンサーリンク

8月18日。
四国から岡山へとやって来ました。
後は新幹線で東京へ帰るだけなのですが、ほんの少し時間があるので岡山の路面電車にも乗ることができそうです。
駅前の電停に行ってみると、向こうにいるのは・・・

たま電車だ!
岡山の路面電車と貴志駅の猫のたま駅長で有名になった和歌山県のわかやま電鉄は経営母体が一緒なのです。
それで岡山の地にもたま電車が走っているわけです。
っと、解説している時間はなく急がなくては乗れないかもしれません。
ダッシュで乗り場に駆けつけたものの・・・

ちょうど出て行ったところでした。
残念。
でも隣に待機していたのは最新型の底床車両のMOMOです。

この車両はJR九州の車両デザインで有名な水戸岡鋭治さんによるデザインです。
外観は近代的ですが、車内の座席は木の温もりがたっぷりとあります。

また、革張りの豪華さもあるという一度で二度美味しい座席デザインです。

ドアのガラス部分い書かれた文字のフォントもいい感じです。

このMOMOには岡山駅前から2つ先の柳川まで乗りました。
ここから折り返して再び岡山駅前を目指します。
今度の車両は青くてごつい顔をしたものでした。

車内はなかなかレトロな雰囲気で、特にこの「とまります」という標識がお気に入りとなりました。

ほんの短い乗車で物足りなさが残りましたが、新幹線の時間が迫ってまいりました。
岡山路面電車の旅は泣く泣くこれにて終了です。
今度訪れる時は全線にしっかりと乗車してこようと思います。

四国初上陸の旅まとめ
サンライズ瀬戸で四国へ向けて出発進行! 四国初上陸の旅 その1
サンライズ瀬戸の車窓から日の出を見る 四国初上陸の旅 その2
サンライズ瀬戸で瀬戸大橋を渡って四国初上陸! 四国初上陸の旅 その3
スイッチバックが残る土讃線坪尻駅を訪問する 四国初上陸の旅 その4
山間の秘境駅、土讃線坪尻駅 四国初上陸の旅 その5
坪尻駅周辺で廃墟や通過する特急列車を撮影する 四国初上陸の旅 その6
785段の階段を上り金刀比羅宮を参拝する 四国初上陸の旅 その7
高松築港駅からことでんに初乗車する 四国初上陸の旅 その8
日本昔ばなしにも登場する鬼ヶ島へと上陸する 四国初上陸の旅 その9
鬼ヶ島での人々の生活 四国初上陸の旅 その10
鬼が島をぐるっと一周サイクリングして山の頂上に到達する 四国初上陸の旅 その11
鬼ヶ島に残る鬼の住処の洞窟を探検する 四国初上陸の旅 その12
アンパンマン列車で高松から松山へ 四国初上陸の旅 その13
大手町のダイヤモンドクロスと郡中線松前駅訪問 四国初上陸の旅 その14
松山市駅で坊っちゃん列車の出発準備を見学する 四国初上陸の旅 その15
坊っちゃん列車で道後温泉へ 四国初上陸の旅 その16
瀬戸内海に沈み行く夕日を眺めることができるコスタ北条に宿泊する 四国初上陸の旅 その17
今治から大島までしまなみ海道をサイクリングする 四国初上陸の旅 その18
緑と青が溢れる大島サイクリング 四国初上陸の旅 その19
サヨナラしまなみ海道、サヨナラ四国 四国初上陸の旅 その20
岡山の路面電車にほんの少し乗車する 四国初上陸の旅 その21←今ここ
あなごめしときびだんごを食べながら新幹線で帰京する 四国初上陸の旅 その22

写真はNikon D90Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影したものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録