昭和の名建築がここに、九段下ビル 秋葉原ー新宿散歩 その5

スポンサーリンク

秋葉原から新宿までのロングウォークレポートの第5回目です。
今回は九段下近辺の気になる建物を紹介します。
こちらは靖国通り沿いにある九段下ビル。

住所で言うと千代田区神田神保町なりますが、地下鉄の駅では九段下からの方が圧倒的に近いです。
さて、こちらの九段下ビルは昭和2年(1927年)に竣工されたもので、現在では80年以上経過しており、残念ながら崩落防止のネットが張られていて外観を完全には見ることはできません。
しかしネット越しではあるのの、その美しい装飾はなんとなく見ることはできました。
一部ネットがかけられていないところがあり、屋上部分の凸凹装飾やタイルの積み上げを観察することはできます。

でもやっぱり全体的にこのような姿だった頃にこのビルを見てみたかったと思っているところであります。
昔はギャラリーなども入っていて、自由に人々が出入りできたようで、その当時に中の探索もしておけばよかったな。
外から見た感じだともうほとんど入居している部屋はないようで、とても寂しい印象を受けました。

この九段下ビルは表通りから見るととてもモダンに見えるのですが、裏から見るととてもカオスなことになっていました。
まずは横から見てます。

左が九段下ビルで右は民家ですが、これが完全にくっついており一体化しているのです。
ではカオスな裏手を見てみます。

金網の向こうに見えるのが九段下ビルだけど、完全に色が違っています。
どうやらこの部分は後から増築されたようで、色といい、デザインといい全く統一感がないものなので、個々バラバラに作られたものではないかと思われます。
このカオスな感じがまるでここが日本ではなくかつて香港にあった九龍城を思い起こさせました。
手前の空き地にも昔は建物があったはずなので、ぜひその当時の写真も見てみたいものです。

最後に内部写真も一枚。

秋葉原ー新宿散歩まとめ
昭和モダンの美しいビル、北原ビル 秋葉原ー新宿散歩 その1
ユニークなタヌキが鎮座する秋葉原の柳森神社 秋葉原ー新宿散歩 その2
秋葉原の柳森神社にいた猫2匹 秋葉原ー新宿散歩 その3
お茶の水、神保町近辺の素敵な建築物 秋葉原ー新宿散歩 その4
昭和の名建築がここに、九段下ビル 秋葉原ー新宿散歩 その5←今ここ
靖国神社境内で見かけた昭和の風景 秋葉原ー新宿散歩 その6
foodies TOKYO LIVING/CAFEで開催されたPaletteというパーティーに出席した後新宿駅へ 秋葉原ー新宿散歩 その7

写真はNikon D40xで撮影したものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録