明治21年(1888年)築の北海道庁旧本庁舎を見学する ぐるっと道央の旅 その2

スポンサーリンク

4月20日。
北海道に着いて最初に向かったのは札幌です。
札幌の路面電車には乗ったことがあるものの、まだ撮影はしていなかったので、この機会に撮影しておこうと思ったのです。
JRの札幌駅から市電の停留所へ向けて歩いて行くと、レンガ造りの素敵な建物が見えたのでちょっと寄り道することに。

北海道庁旧本庁舎です。
国指定の重要文化財にもなっているこの建物は赤れんが庁舎とも言われており、内部が一般公開もされています。
明治21年(1888年)築ということで100年以上経っている建物はぜひとも見学しておきたいところです。
まずは前庭部分に池もあったので、その周囲をぐるりとしてみました。

4月下旬と言えども、北海道ではまだ少し寒寒しい景色です。
もうちょっとしたら彩り豊かな春を迎えるのでしょうけどね。
それでは内部の見学にはいりましょう。

入り口から入ると正面に階段があります。

床の赤い絨毯、木の階段、窓から射し込む光。
歴史の流れの中に自分が立たされているように感じてきました。

2階に上がると、見学できる部屋がいくつかあります。

椅子に座ることはできませんが、ここで行われていた会議などの様子を想像すると楽しくなってきましたよ。
窓から外を見ると、正面にまっすぐ伸びる道が見えます。

その道の向こうの方を歩いている時にこの赤レンガの建物が見えて、惹かれて歩いてきたのです。
北海道の歴史を感じたところで、ここの見学を終えることにします。
次回は札幌市電の姿を紹介することにします。

ぐるっと道央の旅まとめ
羽田から飛行機に乗って、下界の素晴らしい景色を見ながら北海道へ! ぐるっと道央の旅 その1
明治21年(1888年)築の北海道庁旧本庁舎を見学する ぐるっと道央の旅 その2←今ここ
西4丁目電停付近で札幌市電を撮影する ぐるっと道央の旅 その3
札幌市電の撮影の後は回転寿司でお昼ごはん ぐるっと道央の旅 その4
JRタワー展望室から札幌の街を見下ろす ぐるっと道央の旅 その5
札幌から函館本線に乗車して美しい空と海の青さを眺める ぐるっと道央の旅 その6
南小樽駅から小樽駅までぶらり散歩をしてみる ぐるっと道央の旅 その7
小樽のお気に入りカフェ「さかい家」でコーヒーブレイク ぐるっと道央の旅 その8
小樽の住宅地で見つけた小さな春 ぐるっと道央の旅 その9
小樽の高台から海を眺める ぐるっと道央の旅 その10
小樽の町中にある手宮線の廃線跡を歩く ぐるっと道央の旅 その11
坂の町小樽でドラマが起こる予感を感じながらの散歩をする ぐるっと道央の旅 その12
夕暮れ迫る小樽の町を散策する ぐるっと道央の旅 その13
小樽の運河沿いの夜景をたっぷりと楽しむ ぐるっと道央の旅 その14
小樽のニッカバー リタでウイスキーを飲んで大人の階段を上ってみた ぐるっと道央の旅 その15
朝食を求めて小樽の町を早朝散歩する ぐるっと道央の旅 その16
函館本線の小樽から余市へ1両編成のディーゼルカーで移動する ぐるっと道央の旅 その17
函館本線余市駅で見つけた古きもの ぐるっと道央の旅 その18
余市の線路脇で3匹のネコと出会う ぐるっと道央の旅 その19
ニッカウヰスキー余市蒸溜所見学とワインの試飲 ぐるっと道央の旅 その20
柿崎商店のホッケ定食と余市川温泉 ぐるっと道央の旅 その21
早朝の余市で函館本線の列車を撮影する ぐるっと道央の旅 その22
まだ雪が残る4月の函館本線に余市駅から乗車する ぐるっと道央の旅 その23
函館本線倶知安駅から羊蹄山の美しい姿を望む ぐるっと道央の旅 その24
函館本線の山線区間と室蘭本線の室蘭支線を乗り潰す ぐるっと道央の旅 その25
室蘭の路地裏、商店街、海が見える高台を散歩する ぐるっと道央の旅 その26
新千歳空港でラーメンと温泉を楽しむ ぐるっと道央の旅 その27

写真はNikon D90Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影しました。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録