写真 旅日記 鉄道

冬の津軽鉄道名物、ストーブ列車に乗車する 冬の青森秋田紀行 その8

投稿日:2010年3月2日 更新日:

とくとみぶろぐ


スポンサーリンク


冬の津軽鉄道と言って真っ先に思い浮かぶのがストーブ列車だと思います。
芦野公園駅の旧駅舎内にある喫茶「駅舎」で昼食をとった後に、そのストーブ列車へと乗車してきました。
金木駅方面からディーゼル機関車に牽引されたストーブ列車がやってきました。

ディーゼル機関車+一般車両+旧型客車+旧型客車
というような編成で、一般車両には通常運賃のみで乗車できますが、旧型客車にはストーブ列車料金が必要になります。
つまり、通常運賃+300円という料金です。
以前は特別料金はなかったものの、車両の維持などでどうしてもお金がかかるということなので平成19年よりこの特別料金が導入されたそうです。

それではストーブ列車の中を見てみることにしましょう。
「ストーブ」と名がついているように、客車内にストーブがあるのですよ。

ダルマストーブがどーんと置かれていて、その前には石炭も置かれています。
このストーブの上では車内販売で購入できるスルメなどを焼いて食べることもできます。
僕が乗車した日は平日ということもあってお客さんがほとんどいなかったこともあり、車内にスルメの匂いが充満しているということはありませんでした。

座席はもちろんボックスシートで床は木です。

天井が緩やかに湾曲しているのも昔の車両の特徴です。
このストーブ列車にもアテンダントさんが乗務していますので、観光案内や車両の説明などをしてくれました。

車両の細かいマニアックな部分も見てみましょう。
まずは車端部にある手回し式のブレーキから。

現在は使用できないように鎖がつけられていました。
座席周りも見てみましょう。

向かい合った座席の中央、窓の下にあるテーブルにアレがついていました。

テーブルの下にカギ状のものがあるのがわかりますか?
そう、これは栓抜きです。
昔の中長距離列車には必ずと言っていいほどについていたものですが、最近ではほとんど見ることができなくなったものです。
ここでコーラの王冠をシュポンと抜いてみたくなりました。

窓や窓枠も木製で、窓を開けるためのフックもかなり年季の入ったものでした。

これが壊れたら予備となる部品はないんだろうなあ。

客車の外観も素敵でした。

最近のカラフラな塗装ではにく、地味ですが雪に映えるカラーリングだと思いました。

冬の津軽にはレトロなストーブ列車がよく似合います。

芦野公園を12:59発のストーブ列車に乗車し、13:21に津軽飯詰駅に到着しました。
20分程の短い時間でしたが、これまで乗ったことがなかった旧型客車の懐かしさを感じさせる匂いに満足することができました。

次回は津軽飯詰駅を紹介したいとお見ます。

冬の青森秋田紀行まとめ
秋田・大館フリーきっぷで上野駅から寝台特急あけぼのに乗車する 冬の青森秋田紀行 その1
寝台特急あけぼのへの12時間の乗車はあっという間に過ぎ去っていく 冬の青森秋田紀行 その2
五能線の車窓から見る美しい岩木山 冬の青森秋田紀行 その3
そこかしこに懐かしい雰囲気が残る津軽鉄道津軽五所川原駅 冬の青森秋田紀行 その4
津軽弁のアテンダントさんが乗務する津軽鉄道 冬の青森秋田紀行 その5
待合室のストーブが温かな津軽鉄道津軽中里駅 冬の青森秋田紀行 その6
津軽鉄道芦野公園駅の旧駅舎内にある喫茶店「駅舎」 冬の青森秋田紀行 その7
冬の津軽鉄道名物、ストーブ列車に乗車する 冬の青森秋田紀行 その8←今ここ
腕木式信号機の転轍機や貨物車両が構内に残されている津軽鉄道津軽飯詰駅 冬の青森秋田紀行 その9
太宰治記念館「斜陽館」を見学する 冬の青森秋田紀行 その10
巨大土偶が出迎えてくれる五能線木造駅 冬の青森秋田紀行 その11
モダンな建物があちこちにある五能線木造駅周辺を散策する 冬の青森秋田紀行 その12
五能線鰺ヶ沢駅周辺の漁師町を散策する 冬の青森秋田紀行 その13
タラコ色の五能線車両と千畳敷付近の車窓動画 冬の青森秋田紀行 その14
五能線驫木駅は日本海が目の前の秘境駅! 冬の青森秋田紀行 その15
五能線深浦駅近くの大岩から冬の日本海を望む 冬の青森秋田紀行 その16
バスケの町、五能線能代駅で途中下車 冬の青森秋田紀行 その17
雪に覆われた大地を疾走する秋田内陸縦貫鉄道に乗車する 冬の青森秋田紀行 その18
角館武家屋敷散策と横手やきそば 冬の青森秋田紀行 その19
カラフルな車両が雪原をトコトコ走る由利高原鉄道に乗車 冬の青森秋田紀行 その20
「男鹿なまはげライン」と呼ばれる男鹿線に乗車 冬の青森秋田紀行 その21
落ち着いた雰囲気がする男鹿の町を散策する 冬の青森秋田紀行 その22
旅のまとめ 冬の青森秋田紀行 その23

写真はNikon D40x+Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影したものです。

その他の旅の記事はこちらからどうぞ!
旅の全記録

この記事をシェアしていただけると嬉しいです!twitter、Feedly、Facebookでもフォローをお願いします!

とくとみぶろぐ内関連記事


この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録

-写真, 旅日記, 鉄道
-, , ,

とくとみ
徳富政樹(とくとみ)
Nikon D750とNikon 1 J5で旅先や東京の様々な風景を撮影しています。撮影テーマは「東京路地裏散歩」「Tokyo Train Story」。ネコや井戸ポンプなどの下町風景が大好き。第2回、第5回タムロン鉄道風景コンテストで佳作に入賞。写真使用に関するお問い合せ、サイト内への広告掲載、記事広告、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談はこちらからお願いします。


 

詳細プロフィール
旅の全記録
お問い合わせ
Flickr
東京からの日帰り青春18きっぷ活用ガイド新着情報
とくとみのtwitter

とくとみぶろぐFacebook
ページ

とくとみのFacebook
とくとみのInstagram

鉄道コム

RSSフィード

とくとみぶろぐでは市川ソフトラボラトリーからSILKYPIXを無償提供されてRAW現像を行っております。
silkypix

フィードメーター - とくとみぶろぐ

とくとみぶろぐ内の記事検索にお使いください。
​ウェアラブル翻訳デバイスのiliを相棒に2泊3日で上海を旅しました!
iliと行く上海

チェコ政府観光局とLinkトラベラーズの企画でチェコへ招待されました!
チェコへ行こう!

魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記2016 全30話の旅日記です。


東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」で神津島へ行ってきました!全32話の旅日記です。


ANAと旅マガジン「Linkトラベラーズ」の企画でドイツに行ってきました。全51話の旅日記です。


プレス向けのツアーで早春の伊豆へ!全11話の旅日記です。


熊本県を鉄道で旅しよう!全41話の旅日記です。


広島デスティネーションキャンペーンで広島県内を巡ってきた全30話の旅日記です。


スパリゾートハワイアンズでフラガールを見てきた全16話の旅日記です。


おくなわ 離島ガイド・プロジェクトで沖縄県の渡名喜島に行ってきた全28話の旅日記です。
写真使用に関するお問い合せ、記事広告、サイト内への広告掲載、商品レビュー依頼、取材依頼、旅レポートなどのご相談は下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム