同潤会三ノ輪アパートの崩壊しつつある美しさ 同潤会アパートシリーズ その2

スポンサーリンク

前回から始まった同潤会アパートシリーズの第2回目です。
今回も取り壊しが決まっているものの、いまだ残っていてその姿を見ることができる三ノ輪アパートの姿を紹介したいと思います。

窓の上のひさしの上に植物が生え、その重みで板が折れてしまっています。

これはゴミ捨て場?
中の巨大な鍋(?)は何に使っていたものなのだろう。

外壁がはがれ内部の鉄筋が見えてしまっている場所もあった。
しかし、もう朽ちていく一方なのに全てが美しく感じました。
この同潤会三ノ輪アパートは既に廃墟であり、確実にこの世に存在することがなくなるものですが、最後の一瞬の煌きを見せてくれているようでした。

同潤会アパートまとめ
未だ取り壊されずに残る同潤会三ノ輪アパート 同潤会アパートシリーズ その1
同潤会三ノ輪アパートの崩壊しつつある美しさ 同潤会アパートシリーズ その2←今ここ
椿咲く同潤会三ノ輪アパート 同潤会アパートシリーズ その3
同潤会三ノ輪アパートの固く閉ざされた門 同潤会アパートシリーズ その4
現役として残り人の生活の匂いがする同潤会上野下アパート 同潤会アパートシリーズ その5
同潤会上野下アパートの井戸ポンプ 同潤会アパートシリーズ その6
雨上がりの同潤会三ノ輪アパート 同潤会アパートシリーズ その7

写真はNikon D40xで撮影したものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録