断崖絶壁の名勝地・北山崎 岩手・三陸フリーきっぷの旅 その7

スポンサーリンク

岩手・三陸フリーきっぷの2日目は鉄分ばかりでなくちゃんと観光もやりますよ(笑)
その前に三陸鉄道北リアス線の田野畑駅の紹介から。
開業は昭和59年(1984年)とそんなに古くはないのですが、改札ときっぷ売り場はこんな素敵なレトロ調となっております。

昔懐かしい停車場の香りが漂うこの駅車内は何だかとても落ち着く空間でした。
さてさて、観光の話に戻りましょう。
田野畑駅前から北山崎行きの田野畑村民バスに乗ります。

北山崎とは断崖絶壁の海岸線が続く名勝地です。

思わず「ドーン」という効果音をつけたくなっちゃいます。
この日は残念なことに曇り空で遠くはぼんやりガスがかかっており、遠くまで見渡すことができない天気でした。

それでもこれだけの迫力がある地形を見ることができるというのはすごいことです。
崖下の海は青々としており、白い波頭も見えました。

自然の偉大さを感じることができた風景でした。
この北山崎周辺には遊歩道も完備されているので時間がある方はのんびりと歩いてみるといいかもしれません。
海のそばまで降りていくことができるそうですよ。

北山崎の休憩所で昼食をとったあとはおやつにたのはた牛乳を飲んできました。

観光地に来たら牛乳かソフトクリームだよね。

ところで、この前日は龍泉洞温泉ホテルに泊まったわけですが、そこから北山崎へはバスでそんなに時間がかからずに来ることができます。
しかし、僕は岩泉線と山田線で宮古へ出て、三陸鉄道に乗るという大回りのプランをとりました。
なぜなら岩泉線に乗りたかったから(笑)
下の地図を見ると北山崎、龍泉洞、宮古の位置関係がわかると思います。


大きな地図で見る

さて、北山崎観光も終わったところで、次なる観光地を目指すことにしましょう。

岩手・三陸フリーきっぷの旅まとめ
「岩手・三陸フリーきっぷ」で三陸地方の旅へ 岩手・三陸フリーきっぷの旅 その1
三陸鉄道北リアス線の新レトロ調車両さんりくしおさい号に乗車 岩手・三陸フリーきっぷの旅 その2
龍泉洞内に広がる神秘の蒼 岩手・三陸フリーきっぷの旅 その3
昭和レトロな雰囲気満載の岩泉の町を散策する 岩手・三陸フリーきっぷの旅 その4
豪華な食事と温泉が楽しめる龍泉洞温泉ホテルに宿泊 岩手・三陸フリーきっぷの旅 その5
岩泉線の押角ー岩手和以内間の車窓動画をPanasonic LUMIX DMC-FX40で撮影 岩手・三陸フリーきっぷの旅 その6
断崖絶壁の名勝地・北山崎 岩手・三陸フリーきっぷの旅 その7←今ここ
極楽浄土のような景勝地・浄土ヶ浜 岩手・三陸フリーきっぷの旅 その8
宮古の町の素敵な建物 岩手・三陸フリーきっぷの旅 その9
鉄の町釜石の井戸ポンプと火力発電所 岩手・三陸フリーきっぷの旅 その10
三陸鉄道南リアス線釜石駅 岩手・三陸フリーきっぷの旅 その11
レンタサイクルで平泉の毛越寺へ 岩手・三陸フリーきっぷの旅 その12
奥州藤原氏の栄華を伝える中尊寺へ 岩手・三陸フリーきっぷの旅 その13(シリーズファイナル)

写真はNikon D40xで撮影したものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録