レンタサイクルで平泉の毛越寺へ 岩手・三陸フリーきっぷの旅 その12

スポンサーリンク

岩手・三陸フリーきっぷの旅3日目は三陸鉄道南リアス線釜石駅からのスタートになります。
9:14釜石発。
釜石を出るとすぐ左側に川があるのですが、なんとそこにシカが2頭!
あまりに意外な登場だったので写真を撮ることができませんでした。
さて、この南リアス線は北リアス線と同様にトンネルが多く、感覚的には半分くらいがトンネルでした。
しかし吉浜駅手前の吉浜湾が一望できるポイントで徐行したり、小石浜という駅名を「恋し浜」に変更するといった観光面での強化を行っているというのがわかりますよ。
10:07盛着。
ここでJR大船渡線に乗り換えです。
10:16盛発。
3両編成の列車は全ての席が埋まるくらいの大賑わいでした。
12:30一ノ関着。
駅前のラーメン屋でお昼ご飯を食べた後東北本線の普通列車で平泉へと移動しました。
13:26一ノ関発、13:34平泉着。

平泉の駅前にはレンタサイクルの貸出所があり、そこで自転車を借りました。
このレンタサイクルの営業時間は9:00~17:00で、料金は2時間まで500円で1時間延長毎に200円かかります。
1日レンタルだと1000円です。
今回は2時間でお願いしました。
バスで平泉周辺を周ることもできるけど、自転車の方が小回りが利くし、時間を気にせずにいられるので、レンタサイクルはお勧めです。

まず向かったのは毛越寺です。
入口の門前で今回の自転車の記念撮影。

毛越寺は嘉祥3年(850年)に創建され、それ以降火災、戦災といった災難にされされ続けたものを近年復元されたものです。
従って境内にはまだまだたくさんの遺跡がありました。
まずは入口をはいってするの本堂でお参り。

それから本堂のすぐ右手にある大泉が池を眺め、

よく手入れされた庭園でのんびりし、

最後に常行堂でお参りしてきました。

全体的に緑に囲まれた広大な空間でとにかくのんびりとできる場所でしたよ。
実は僕が中学3年生の時に修学旅行でここに来ているはずなのですが、その当時の記憶が全くなく、初めて来た場所として楽しむことができました。
次回は中尊寺についてレポートします。

岩手・三陸フリーきっぷの旅まとめ
「岩手・三陸フリーきっぷ」で三陸地方の旅へ 岩手・三陸フリーきっぷの旅 その1
三陸鉄道北リアス線の新レトロ調車両さんりくしおさい号に乗車 岩手・三陸フリーきっぷの旅 その2
龍泉洞内に広がる神秘の蒼 岩手・三陸フリーきっぷの旅 その3
昭和レトロな雰囲気満載の岩泉の町を散策する 岩手・三陸フリーきっぷの旅 その4
豪華な食事と温泉が楽しめる龍泉洞温泉ホテルに宿泊 岩手・三陸フリーきっぷの旅 その5
岩泉線の押角ー岩手和以内間の車窓動画をPanasonic LUMIX DMC-FX40で撮影 岩手・三陸フリーきっぷの旅 その6
断崖絶壁の名勝地・北山崎 岩手・三陸フリーきっぷの旅 その7
極楽浄土のような景勝地・浄土ヶ浜 岩手・三陸フリーきっぷの旅 その8
宮古の町の素敵な建物 岩手・三陸フリーきっぷの旅 その9
鉄の町釜石の井戸ポンプと火力発電所 岩手・三陸フリーきっぷの旅 その10
三陸鉄道南リアス線釜石駅 岩手・三陸フリーきっぷの旅 その11
レンタサイクルで平泉の毛越寺へ 岩手・三陸フリーきっぷの旅 その12←今ここ
奥州藤原氏の栄華を伝える中尊寺へ 岩手・三陸フリーきっぷの旅 その13(シリーズファイナル)

写真はNikon D40xで撮影したものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です