子供の頃からの憧れである指宿枕崎線で山川駅へ 初の九州旅行 その26

スポンサーリンク

九州旅行4日目の朝を迎えました。
朝食はホテルアービック鹿児島のバイキング。
品数は少ないものの、僕にとっては十分満足のいくものでした。

チェックアウト後は鹿児島中央駅に行き、7:51、山川行きの指宿枕崎線に乗車。
西鹿児島駅がブルートレイン、富士やはやぶさの終着駅として憧れがあったのと共に、この指宿枕崎線も憧れのひとつでした。
小学生の頃はこの路線が日本の最果て後へと行くような印象を持っていました。
そんな路線にいよいよ乗車となるのです。
鹿児島中央を7:51に発車した列車には学生さんで満員状態でした。
最初の頃は市街地を走るのでロカルムードも出てきませんが、気がついたら車内にいた学生さんたちは全員降りてしまいほぼ貸切状態に。

先頭車両から見える風景も朝霧の中現像的なものになっていました。

9:05、山川着。
指宿枕崎線の終点はまだまだ先なのですが、いったんここで途中下車することにします。

乗ってきた車両はこんなカラフルなものだったんですよ。

きれいな車両だったんですが、本当はキハ40やキハ47の九州色に乗りたかったんだけどな・・・

さて、この山川駅はJRの日本最南端の有人駅として碑も建てられていました。

南国らしい木も見えますね。
しかも駅舎を出るとすぐに海です。

こんな大きなクレーンがある造船所も見えましたよ。

漁船がたくさん停泊していたり、

山側の坂道を上っていくと町もありました。

2時間ほど散策した後、駅前にある食堂で昼食を取りました。

食後に山川駅に戻ってみると、

これです!この並びが見たかった!
白いボディに青い帯の九州色。
ようやく、この車両に乗り込むことができます。
僕が乗るのは左側の枕崎行です。
車内は車両中央部にボックスシートが並び、車端部はロングシートとなっていました。

きれいな観光列車もいいけど、僕としてはこの何てこともない車両の方が好きなんですよ。
乗り心地が悪くても、カラフルじゃなくても、デザイン性がなくても、やっぱり伝統的な歴史を持った車両の方が、より旅らしい雰囲気を味わえると思っています。

そろそろ南国らしい山川駅ともお別れです。

青々としたバナナの実ももう少ししたら黄色くなるのでしょうかね。
11:43、九州の突端にある枕崎駅へ向けて山川駅を出発しました。

初の九州旅行まとめ
815系電車で九州鉄道旅行が始まる 初の九州旅行 その1
熊本市交通局の1日乗車券を購入して市電を乗りまくる 初の九州旅行 その2
熊本市電の昭和33年製造の1200形に乗車 初の九州旅行 その3
徳富蘇峰、蘆花が暮らした徳富記念園を見学する 初の九州旅行 その4
徳富記念園に残る井戸 初の九州旅行 その5
味噌神様を祀った味噌天神宮 初の九州旅行 その6
鹿児島本線普通列車で熊本から八代へ 初の九州旅行 その7
八代駅前の球磨川旅館に宿泊 初の九州旅行 その8
肥薩線八代発人吉行き普通列車はいさぶろう・しんぺい号の車両だった 初の九州旅行 その9
ひと駅ひと駅停車時間の長い肥薩線普通列車の旅 初の九州旅行 その10
縁起のいい駅名として知られる肥薩線一勝地駅で途中下車 初の九州旅行 その11
肥薩線一勝地駅周辺散策で見かけた素敵な風景 初の九州旅行 その12
くま川鉄道の観光列車KUMA1に乗車 初の九州旅行 その13
昔ながらの木造駅舎が残るくま川鉄道湯前駅 初の九州旅行 その14
湯前駅周辺散策とあさぎり駅でのタブレット交換 初の九州旅行 その15
レンタサイクルで人吉町中観光 初の九州旅行 その16
人吉温泉清流山水花あゆの里で温泉と食事を堪能する 初の九州旅行 その17
いさぶろう1号に乗って大畑駅付近のスイッチバックとループ線を体験する 初の九州旅行 その18
肥薩線最高地点にある矢岳駅で5分間の停車 初の九州旅行 その19
日本三大車窓のひとつ、矢岳越えの絶景を眺める 初の九州旅行 その20
真の幸せが訪れる肥薩線真幸駅で途中下車 初の九州旅行 その21
ループ線とスイッチバックだけではない!大畑駅の魅力をたっぷりと 初の九州旅行 その22
矢岳、真幸、吉松と肥薩線山線区間の駅を楽しむ 初の九州旅行 その23
築106年の大隅横川駅と嘉例川駅の駅舎 初の九州旅行 その24
鹿児島市電で鹿児島市内観光 初の九州旅行 その25
子供の頃からの憧れである指宿枕崎線で山川駅へ 初の九州旅行 その26←今ここ
JR最南端の指宿枕崎線の山川ー枕崎間を往復する 初の九州旅行 その27
指宿枕崎線のなのはなDX号とブルートレイン富士の車両 初の九州旅行 その28
九州旅行の最後は夜の肥薩線嘉例川駅にかぎる 初の九州旅行 その29

写真はNikon D40x+Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影したものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録