九州旅行の最後は夜の肥薩線嘉例川駅にかぎる 初の九州旅行 その29

スポンサーリンク

九州旅行記も今回がいよいよ最終回です。
最後に乗車するのは肥薩線のディーゼルカー。

西日に照らされて車体がいつも以上に輝いて見えました。
車内もこれで今回の旅が終わってしまうということがわかっているのか、なんとなく寂しげな光に包まれていました。

17:04、吉松行普通列車が隼人を発車しました。
隼人を出ると少しづつ高度を上げて行き、山の中へと入っていきます。
途中、列車交換のため数分間の停車があったので、ホームに出て車両を眺めていたら、なんとサボがガムテ補修されていました。

新型車両をばんばん導入しているJR九州だけど、こういうところには一切お金をかけないのですね。
これも味があって僕は好きですけどね。
17:29、嘉例川着。

すっかり日も沈み、あたりが暗くなっている中高校生が数人下車していきました。
ホームで列車を見送ると、そこには静寂が待っていました。

人工的な音が全くしない、山中の駅。
ここが超近代的施設である鹿児島空港から程近いなど想像できません。
駅正面に出てみました。

駅名標を照らす光がとても温かいものに感じます。
それも木造駅舎だからこそなのでしょうね。
しばらく夜の嘉例川駅を眺めていると、電話で頼んでおいたタクシーがやってきました。

このまま嘉例川駅とお別れするのはあまりに名残惜しいので、しばらくタクシーのおじさんに待っていて貰っちゃいました。
文句を言わずに待っていてくれてありがとう、タクシーのおじさん。
嘉例川駅から鹿児島空港までは1550円で、10分もタクシーに乗車しませんでした。


大きな地図で見る

鹿児島駅からバスに乗っちゃえば楽に空港に着くけれど、鉄道好きであればこのような嘉例川経由のプランもお勧めですよ。

空港内で黒豚入りちゃんぽんを食べて後は、足湯へ。

鹿児島空港には足湯があったのです。
最後の最後でこんなイベントが待っているとは思ってもいなかったので、嬉々としてつかってきました。

19:45、鹿児島空港発。
21:25、羽田着。
またしても着陸の際の揺れで気持ち悪くなってしまったのは内緒です。
今度九州に行く時は鉄道だけでのんびり行こうと固く誓ったのも内緒です。

この九州旅行では鉄道の歴史と新しさの両方に触れることができ、また自分の名前の読みと同じ真幸駅にも訪れることができました。
また子供の頃からの憧れであった指宿枕崎線にも乗車することもでき、大満足の旅行となりました。
次に九州を訪れるのがいつになるかわかりませんが、きっと今回と同じように鉄三昧の旅になることでしょうね(笑)

初の九州旅行まとめ
815系電車で九州鉄道旅行が始まる 初の九州旅行 その1
熊本市交通局の1日乗車券を購入して市電を乗りまくる 初の九州旅行 その2
熊本市電の昭和33年製造の1200形に乗車 初の九州旅行 その3
徳富蘇峰、蘆花が暮らした徳富記念園を見学する 初の九州旅行 その4
徳富記念園に残る井戸 初の九州旅行 その5
味噌神様を祀った味噌天神宮 初の九州旅行 その6
鹿児島本線普通列車で熊本から八代へ 初の九州旅行 その7
八代駅前の球磨川旅館に宿泊 初の九州旅行 その8
肥薩線八代発人吉行き普通列車はいさぶろう・しんぺい号の車両だった 初の九州旅行 その9
ひと駅ひと駅停車時間の長い肥薩線普通列車の旅 初の九州旅行 その10
縁起のいい駅名として知られる肥薩線一勝地駅で途中下車 初の九州旅行 その11
肥薩線一勝地駅周辺散策で見かけた素敵な風景 初の九州旅行 その12
くま川鉄道の観光列車KUMA1に乗車 初の九州旅行 その13
昔ながらの木造駅舎が残るくま川鉄道湯前駅 初の九州旅行 その14
湯前駅周辺散策とあさぎり駅でのタブレット交換 初の九州旅行 その15
レンタサイクルで人吉町中観光 初の九州旅行 その16
人吉温泉清流山水花あゆの里で温泉と食事を堪能する 初の九州旅行 その17
いさぶろう1号に乗って大畑駅付近のスイッチバックとループ線を体験する 初の九州旅行 その18
肥薩線最高地点にある矢岳駅で5分間の停車 初の九州旅行 その19
日本三大車窓のひとつ、矢岳越えの絶景を眺める 初の九州旅行 その20
真の幸せが訪れる肥薩線真幸駅で途中下車 初の九州旅行 その21
ループ線とスイッチバックだけではない!大畑駅の魅力をたっぷりと 初の九州旅行 その22
矢岳、真幸、吉松と肥薩線山線区間の駅を楽しむ 初の九州旅行 その23
築106年の大隅横川駅と嘉例川駅の駅舎 初の九州旅行 その24
鹿児島市電で鹿児島市内観光 初の九州旅行 その25
子供の頃からの憧れである指宿枕崎線で山川駅へ 初の九州旅行 その26
JR最南端の指宿枕崎線の山川ー枕崎間を往復する 初の九州旅行 その27
指宿枕崎線のなのはなDX号とブルートレイン富士の車両 初の九州旅行 その28
九州旅行の最後は夜の肥薩線嘉例川駅にかぎる 初の九州旅行 その29←今ここ

写真はNikon D40x+Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影したものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録