暗闇坂上の植物に飲み込まれた古アパート 麻布十番散策 その3

スポンサーリンク

麻布十番散歩レポートの第3回目です。
暗闇坂を上り切ってみると、向かって右手にこんな大きなマンションがありました。

上に行くにつれて太くなるという不思議なデザインの建物でした。
元麻布ヒルズフォレストタワーという名前のようです。
僕が気になったのはこの右手に見えた建物ではなく、左手に見える建物です。

見事なまでに植物に覆われてしまったアパートです。
植物の隙間から建物を見てみると、ドアが薄い青色をしているのが何となくわかります。

また、入り口付近には植物に飲み込まれた自転車もありました。

フレームが見えますよね。
タイヤもうっすらと見えるかな。

別の角度から外観を撮影してみると、植物の生命力の強さがよくわかります。

ところで、一枚目の写真をもう一度見てみてください。
アパートの右側の土地が更地になっています。
もしかしたらこの古アパートもそのうち取り壊されて更地になってしまうのかもしれません。
麻布十番という町の変化のスピードはやたら早いので、このアパートを見ることができる時間もそう長くはないかもしれません。

麻布十番散策まとめ
麻布十番商店街でラムネソフトを食す 麻布十番散策 その1
暗闇坂下の床屋さん 麻布十番散策 その2
暗闇坂上の植物に飲み込まれた古アパート 麻布十番散策 その3←今ここ
赤い靴はいてた女の子 麻布十番散策 その4
古川の向こうに昭和の町並みが残っていた 麻布十番散策 その5
パブ&スナックと小山湯跡が残る港区三田1丁目 麻布十番散策 その6
港区元麻布2丁目に残る昭和の町並み 麻布十番散策 その7
港区元麻布二丁目の路地の迷宮 麻布十番散策 その8
港区元麻布二丁目で見つけた廃墟 麻布十番散策 その9
港区三田1丁目の猫たち 麻布十番散策 その10
麻布十番のラーメン屋さんの裏にいた麻呂猫 麻布十番散策 その11

写真はNikon D90Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影したものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録