ブナの森の奥地にある蒼の世界、沸壷の池へ ぐるっと白神山地の旅 その16

スポンサーリンク

10月18日。
ウェスパ椿山から弘南バスで十二湖にやってきました。
まずは青池を見学し、次にさらにそのちょっと奥にある沸壷の池へと向かいます。
このルートはブナ林の中をのんびりと歩けるのでき、誰でも気軽に白神山地の自然を堪能できる道になっています。
ずんずん進んでいくと向こうに青池よりもひと回り大きな池が見えてきます。

この角度から見ると普通の水に見えますが、もっと近づいて別の角度から見てみると、

青池程ではないものの、この沸壷の池の水も青く見えるのですよ。
ほとんどの観光客は青池を見ただけで引き返してしまうので、ここまで来る人はかなり少なくなります。
従って誰に邪魔されるわけでもなくのんびり池を見ることができます。
ここにも展望台がついているのですぐ近くで池を見ることができますよ。

鬱蒼とした森の中に突如として現れるこの蒼の世界は個人的には青池よりも好きだったりします。
3年前に訪れたときはまだこの展望台はなく、苔に覆われたベンチから池を眺めることができました。

今でもそのベンチは残っているものの、ほとんど自然に還りつつあります。
この沸壷の池の周りはあまり日光があたらないせいか、そこかしこが苔だらけです。

苔マニアの僕にとって、そういった意味でも沸壷の池は最高のポイントです。

そろそろ帰りのバスの時間が近づいてきました。
急いでバス停に戻ることにしましょう。

10:50、奥十二湖駐車場からバスに乗車。
11:05、十二湖駅前着。

ここからは久々に鉄道旅に戻ります。
その話はまた次回。

ぐるっと白神山地の旅まとめ
寝台特急あけぼので弘前へ ぐるっと白神山地の旅 その1
白神山地への入り口であるアクアグリーンビレッジANMONへ ぐるっと白神山地の旅 その2
ブナ林散歩道で暗門の滝を目指す ぐるっと白神山地の旅 その3
暗門川沿いの控えめな紅葉を楽しみつつ歩く ぐるっと白神山地の旅 その4
3つの暗門の滝を征服する ぐるっと白神山地の旅 その5
白神山地から下山し弘前駅前のトレインビューホテルに宿泊する ぐるっと白神山地の旅 その6
快晴の空の下、リゾートしらかみ2号に乗車する ぐるっと白神山地の旅 その7
千畳敷でリゾートしらかみを撮影する ぐるっと白神山地の旅 その8
千畳敷からウェスパ椿山まで五能線に乗車する ぐるっと白神山地の旅 その9
ウェスパ椿山でリゾートしらかみなどの五能線を撮影する ぐるっと白神山地の旅 その10
メルヘンワールド全開のウェスパ椿山 ぐるっと白神山地の旅 その11
ウェスパ椿山のオーシャンビューコテージに宿泊する ぐるっと白神山地の旅 その12
ウェスパ椿山駅で五能線の始発列車を撮影する ぐるっと白神山地の旅 その13
温泉と朝食でウェスパ椿山での爽やかな朝 ぐるっと白神山地の旅 その14
青の神秘、十二湖の青池を訪問する ぐるっと白神山地の旅 その15
ブナの森の奥地にある蒼の世界、沸壷の池へ ぐるっと白神山地の旅 その16←今ここ
リゾートしらかみのボックスシートに初乗車する ぐるっと白神山地の旅 その17
忠犬ハチ公の故郷、大館へ ぐるっと白神山地の旅 その18
花輪線に乗車し東北地方のJRを完乗する ぐるっと白神山地の旅 その19

写真はNikon D90Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影したものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録